【自己分析】1年後どんな自分でありたいか。そのことが他者にどんな影響を与えるか

スポンサーリンク

自己整理のための記事です。

自己分析と今後の自分への対策を考えてみました。

 

一番の恐れ

僕の一番の恐れは、失望されること、見捨てられること。

お金の不安よりも命の危機よりも何よりも、他者、特に自分にとって大切な人たちに見放され、手を離されることが生きていて一番起こってほしくないことです。

 

ハーバードビジネススクールのエドモンドソン教授は、心理的安全性の不足によって4つの心理不安が引き起こされることを指摘しています。

  • 無知だと思われる不安(Ignorant)
  • 無能だと思われる不安(Incompetent)
  • 邪魔をしていると思われる不安(Instrusive)
  • ネガティブだと思われる不安(Negative)

【参考動画】

 

僕の場合強弱はありますが、状況のいかんにかかわらず常にこれらの不安が脳内に存在しています。

 

愛着スタイル

自己分析では、これらの心理不安は不安型、回避型の愛着スタイルに起因するところが大きいです。

愛着スタイルというのは人間関係を築く時の基本的な姿勢や心の動き、行動の傾向のことです。

自分の愛着スタイルはこちらのサイトから簡易的に診断することができます。

愛着スタイル診断テスト

 

不安型、回避型の愛着スタイルを持つ人には、次のような特徴があります。

  • 見捨てられ不安が強い
  • 自己肯定感が低いため、他者からの承認や評価がそのまま自分の価値になる
  • 他者の期待に沿うよう過剰な努力をする
  • どうせ話しても無駄だから、と思って悩みや弱みを自己開示できない

 

これらの特徴により、同じ空間で一緒に過ごしていても、会話の仕方や行動の一挙手一投足が間違っていないかが気になっています。

信頼関係が築けていなかったり自分の精神状態が良くないなどの状況の違いによって、ネガティブバイアスが加速して他者からの反応をすべて批判・否定として受け取ってしまうこともあります。

 

ちなみに愛着スタイルの傾向は、小さい時の生育環境、親の愛着スタイルなどが関係しているとされています。

 

自分の特性への対処

僕はこうした自分の特性を自己分析と自己研究によって明らかにしていきました。

現在地が分かったところで、次に取るべきアクションは「じゃあどうすれば生きていかれるか」の答えを見つけること。

 

そのために大いに僕を助けてくれたのが読書であり、知識と技術であり、そしてメンタリスト DaiGoさんのニコニコ動画チャンネルでした。

Twitterを見てくれてる人は知ってるかもしれませんが、僕はDaiGoさんの大ファンで、彼の動画に命を救われたと言っても過言ではありません。

 

劣等感や自己否定が強かった僕は、内向的な性格もコミュニケーションの下手さも自信も、知識と技術と科学的根拠で変えられるということを学びました。

勉強し蓄積していったノウハウは自分の力で未来は変えることができるという確信になり、習慣と行動を変えていくための揺らがないモチベーションが作られていったのです。

 

現状とこれから

今の僕の現状をお伝えすると、不安に対する対処を知り、1年後の自分を確実に変えるための行動を習慣として少しずつ日常のなかに組み始めているところです。

それでも自分を肯定したり、弱みや苦しさを開示することは苦手です。

 

なので今一歩前に進むために、

  • どんな自分で在りたいか
  • そのことが他者にとってどんな影響を与えるか
を考えていきたいと思います。

 

この課題を考える根拠は、やはりDaiGoさんの動画より引用します。

  • どんな自分になりたいかというよりも、どんな自分で在りたいかを考えると「今この瞬間何をするべきか」が見えてくる
  • 研究によると、「自分がどう変わりたいか」という自己目標ではなく「自分が変わることによってどう他人に影響を与えられるか」という他己目標を立てた人の方が鬱や精神病の傾向が改善した

参考動画:いつになっても自信が持てないなら…|メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

 

どんな自分で在りたいか、そのことが他者にとってどんな影響を与えるか

1年後の在りたい自分と、在りたい自分に変わることで他者に何が起きるのか。

メンタルを強くする習慣(マインドフルネス瞑想、エクスプレッシブライティング、呼吸法など)を実践することで、今より他人に不安を与えないようになる。

余裕と落ち着きが生まれることで、礼司になら任せたい、相談したい、一緒にやりたいと思うような人になれる。

一緒に何かをやりたいと思ってくれる人が自分の周りに集まることによって、もっと大きなことができるようになる。

自分だけじゃない仲間の力によって、もっと沢山の人の人生をポジティブな方向に変えていく支援ができる。

 

というわけで僕の1年後は

  1. メンタル強くなる
  2. にこやかで穏やかな人になる
  3. 無償のギバー(与える人)になって、誰かの人生がポジティブな方向へ変わるのを支援する人になる
  4. そのための十分なノウハウ、金銭的&精神的余裕を獲得する
です。

習慣によって人生が変わったらまたこちらのブログでお伝えします。

そんな感じです!

 

<この記事をシェアする>
B!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA