【イベント】東京ポリーランド住民交流会レポート

先日10月28日、東京ポリーランド主催でのはじめてのイベント、「東京ポリーランド住民交流会」を行いました。

プロジェクトの内容についてお伝えするとともに、今回は参加者の皆さんの交流をメインにイベントを進行しました。

 

みなさんの笑顔が絶えなかったのが本当に印象的でした。

ゲームを通じてお互いの距離を近づけることができたのではないでしょうか。

礼司
楽しかった!!

 

東京ポリーランドのフェイスブックページでもライブ配信動画を投稿していますが、イベントに来られなかった方もいらっしゃるので、プロジェクト東京ポリーランドについてスライドを交えてお伝えしていきます。

 

プロジェクト【東京ポリーランド】について

プロジェクト東京ポリーランドの主旨は次の2つです。

 

  • ポリアモリーのシェアハウスを作ること
  • そこで住民8名がポリアモラスな関係を持ちながら、共同生活を送ること

 

住民8名のなかで誰が誰と関係を持ってもいいし、持たなくてもいい。

それが性的な接触を含んでもいいし、含まなくてもいい。

 

合意の上で一人ひとりが希望に叶う関係性を持てるような、そんなポリアモラスな共同体を作りたいと考えています。

 

愛情の共有資産化

このプロジェクトを起案した理由は、「愛情の共有資産化」を実現したいからです。

 

 

この「愛情の共有資産化」には、つぎの3つの要素があります。

 

愛情のハードルを下げる

ポリアモリーの関係性の中では、パートナーは1人ずつというルールがなくなるため、嫉妬や独占の必要がなくなります。

付き合うという概念を壊し、住民のなかで誰に対しても必要な時に愛情を表現し、また相手の愛情を求めることができる世界を作りたいと考えています。

 

深くたくさんつながる

一夫一婦制においては、離婚や再婚を換算しなければ、生涯のパートナーは多くの場合ひとりだけです。

 

ですが我々はポリアモリーを選択するので、生涯のパートナーと呼べる深い関係性を一人に限らず持つことができます。

かといって関係性が希薄になるのではなく、それぞれの人と深いつながりを形成すること。

つまり、深くたくさんつながることを目指したいです。

 

おしまいのない関係

ポリアモリーの場合には恋人は一人に一人ずつという約束が存在しないので、モノアモリーに比べて関係性を終わりにすることの重要性が低いです。

 

なぜなら、足りない部分は他のパートナーに補ってもらえばいいし、他に好きな人ができたときにもう一方の関係も同時期に継続していくことができるから。

 

そういった意味で、パートナーシップを解消したりポリーランドを卒業したとしても、いつかどこかでわだかまりなく会えるような、おしまいのない関係を作っていきたいです。

 

最大ゴールについて

そしてこういった共同体を作ることの先に、次のような最終ゴールを設定しています。

 

 

 

ここまでできたら本当にプロジェクトとしては大成功かなあという感じですね。

これら全部を、運営の我々3人だけが頑張るんじゃなくて、住民とか共犯になってくれる人たち一人ひとりが絡んで参画して作っていくことができたら、もう本当に今までにない最強の共同体になると思うし、なにより僕がそれを作りたいです。

 

今後のスケジュール

今後のスケジュールは、こんな感じです。

住民募集と交流フェーズを12月くらいを目途にやっていきます。

 

そしてこれは28日のイベントの時には言っていなかった初出情報なのですが、交流フェーズではこんなイベントを開催したいと考えています。

 

①お互いを知るイベント

  • 偏愛マップ
  • 自己紹介
  • 語る会、座談会

②企画イベント

  • 東京ポリーランドについてテーマを決めてアイディア出し
  • ルールブックを一緒に作る

③楽しむイベント

  • ごはん会
  • 料理イベント
  • お泊り会
  • 旅行

 

共同体成立以降のこと

共同体が成立したら成功、終わり。

というわけではなく、成立して以降も共同体は続いていくし、生活も続いていくわけですよね。

 

なので、共同体成立以降の展開も考えています。

 

生活を営んでいく中で、おそらく住民同士の関係性だけではなく、一人ひとりの結婚とか、出産とか、良いことだけではなくて病気やトラブルとか、色んなライフイベントが起こってくると思います。

そうしたことを乗り越えていく過程も含め、共同体全体の成長につなげていきたいです。

 

また、せっかくただのシェアハウスではなく「ポリアモリーのシェアハウス」を作るので、ポリアモリーを合言葉にこれら3つの橋渡し役になっていきます。

具体的には、ブログやSNSを通じて、まだまだ一般的ではないポリアモリーの考え方を一つの選択肢として社会に伝えていきます。

 

シングルで出会いを求めているポリアモリー当事者の方々に出会いの場を提供したり、ポリアモリーグループ同士が交流できるようなイベントも実行していきたいです。

 

参加者の皆さんの感想

参加者の方がおっしゃっていたのですが、「ポリアモリーに関心がある人には優しいひとが多い」というのは本当にそのとおりだと思います。

今回きてくださった人たちも本当に優しくて素敵な人たちばかりでした。

 

こんな人たちがこれからつながっていってくれるのであれば、東京ポリーランドも素敵なものになる予感しかしません。

 

 

 

 

 

今後のこと

そしてこれからの予定。

今回イベントに集まってくださった方々、そして僕たちに直接DMを送ってお会いしてくださった方たち(これからの方も)で、オンラインチャットができる秘密のコミュニケーショングループを作ります。

それを利用してポリーランドをより良いものにしていきますね。

 

人と人がつながるというのは本当に特別なことです。

それを乗り越えて、1から家族を作っていくというその大きなチャレンジに挑んでいきたいです。

 

本気で、これまでどこにもない「最強の共同体」「愛情の共有資産化」を実現していきます。

なんかつまんない固定観念とか常識とかを飛び越えて、参画者ひとりひとりにとって理想的な世界を作ります。

一人ひとりが参加者となり企画者となり、みんなで東京ポリーランドを作っていきましょう。

 

あとこれを読んでくれている不動産関係者の方々、もしくは物件を持っていて僕たちの試みに賛同してく出さる方。

ぜひおうちを貸してください!!!

絶対後悔はさせませんので。

 

そんな感じで以上イベントレポートでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA