7/21 Xジェンダー・パンセクシャル・バイセクシャル交流会レポ!!

スポンサーリンク

礼司です!

昨日はXジェンダー・パンセクシャル・バイセクシャルの人を集めての交流会でした。

 

僕にとって主催側としてイベントを企画すること自体はじめてのことで、まじでドキドキだったんですけど結果としては

REIJI
やってよかった!!

次回開催への期待も込めて、交流会の様子についてレポートします!

 

イベントの様子

【開催日程】

日時:2018年7月21日11:30~

場所:千葉駅近くの和風居酒屋をランチタイム利用

内容:ごはんと交流、カラオケ

 

当日は、千葉駅集合➔食事会場に移動➔交流という流れです。

 

REIJI
誰も来てくれなかったらどうしよう・・・

と怯えていましたが、無事にFtXの方2人とMtXの方1人の計3名の方が集まってくれました。

 

【用意したもの】

  • 名札
  • パワポスライド
  • 偏愛マップ(参加者に事前に作成をお願い)

 

最初はやっぱりみんな緊張されていました。

そんななかアイスブレイクとしてめちゃくちゃ役に立ったのがコレ・・・!

 

 

偏愛マップは、1枚の紙に自分の好きなことや趣味、自己紹介などを自由に書いてもらうというものです。

参加者の方には事前にこの偏愛マップの作製をお願いし、当日持ってきてもらいました。

 

これはもう画像を見てもらった方が早いと思うのですが、みんなクオリティ高すぎー!!

 

 

 

 

 

 

お互いの偏愛マップを見せ合いながら、

「へーそんなのが好きなんだ!」

「それ面白いよね!」

っていう感じでなかなか盛り上がりました。

 

そこからは緊張もほどけて、セクシュアリティのこと、そうじゃないこともゆるゆると話し、

なんならカラオケにも行って。。。

 

友だちのようなゆるやかで楽しい時間が流れる、あたたかい交流会となりました。

 

Xジェンダー共通の悩み

今回はセクシュアリティしばりだったので、Xジェンダーにありがちな悩みも話題になりました。

 

REIJI
一部を紹介します!!

 

クローゼットが白黒になりがち

どの服を選べばいいのか??はXジェンダーに共通の悩み。

 

別に色々考えずに好きな服を選べばいいのに、いちいち

「この服は女性寄りか?男性寄りか?」

とかムダに考えて考えすぎて「白黒ならどっち寄りにもならないかな・・・!」って思ったりしてます。

その結果クローゼットの中がどんどん地味に(笑)

 

自分の体形・外見・服装こうあるべきみたいな理想はあるんだけど、肩幅とか背丈とか足の大きさとか色んな制約があって、そのなかでどうやって工夫して自分の好きな格好をするかが悩みどころでしたね。

 

美容師さんに伝わらない

「美容院に行ったとき、なにも言わないと体の性別に寄せた髪型(FtXなら女性らしい髪型、MtXなら男性らしい髪形)にされてしまう」

「美容師さんが持ってくるのは、身体の性別に合わせた雑誌」

 

REIJI

わかるー!

そんな小さなことの一個一個が引っ掛かっちゃうんだよね。

 

画像を見せるときにも、本当にやりたい髪型の写真を見せるのが後ろめたかったり恥ずかしかったり、面倒だから自分で切っているという方もいらっしゃいました。

 

男性は男らしく女性は女性らしくっていうのも思い込みに過ぎません。

「性別らしさ」ではなく「自分らしさ」があることを前提にして髪型にしても服装にしても選ばせてもらいたいですよね。

 

それはXジェンダーやトランスジェンダーががどうこうというより、すべての人にとって生きやすさを整えることだと思っています。

 

 

Xジェンダーの人たちが持つ雰囲気

Xジェンダーを自認する人たちに会うといつも思うんですけど、MtX、FtXにかかわらずXジェンダーの方はみんな柔らかい朝しい雰囲気を持っている人が多いな、と。

今回の交流会に参加してくれたみんなにも同じことを感じました。

 

Xジェンダー自体はものすごく多様です。

男性と女性の両方を持ってるとか、どっちでもないとか、日によって変わるとか、中性とか。

容姿も、考え方もひとりひとり全然違う。

でもまとう空気感というか人当たりというか、そんなものが共通してすごく柔らかいんです。

 

その理由というのは多様性というものに悩んできた人たちだからこその強さと優しさからなのか、

男性ホルモンや女性ホルモンみたいにXジェンダーらしさを作る言うなればX性ホルモンが脳内から出ているのか、

それとも全然違う理由からなのか。

 

分からないけど、僕が今までリアルで会ったXジェンダーの人たちは、なんだかみんな、優しいなっていうのが伝わってくるような空気感がありました。

 

僕個人の独断と偏見では、Xジェンダーの人たちってめーっちゃ魅力的な人たちだなあって思ってます。

自分はこれがいいんだ、これが好きなんだ。っていうことを自覚できて実践できるっていうのはもうそれだけで一つの能力ですよね。

 

度合いはそれぞれ違うだろうけど男女二元論の世の中でそのどちらでもない性自認を持って、自分自身のアイデンティティを勝ち取るために試行錯誤を重ねてきたことっていうのは、別に誰に言わなくてもいいんだけど、本当に誇っていいものなんじゃないかな。

 

まとめ

今回の交流会の良かった点をひとつあげるとするなら、「普通に遊べた」ことが本当に良かったんです。

 

僕たちは誰にでも、どこででもカミングアウトができるわけではありません。

 

本当はもっと気軽にセクシュアリティの話がしたい。

みんながテレビや恋人や好きな服やダイエットの事を話しているのと同じように話してみたい。

ちょっとした会話のなかでもバレないように気を使ったり、自分の本当にしたい格好を我慢したりはもうしたくない。

そんな風に感じている当事者もたくさんいます。

 

Xジェンダー限定としたことでそうした話を気兼ねなくすることができ、かつゆるーく遊ぶ交流会だったことで、

僕自身もカミングアウトをしていなかった頃の「自分のジェンダーやセクシュアリティを分かってもらいながらも普通でいたい。普通に楽しく話がしたい」という思いがかなえられたような気がしました。

 

 

 

REIJI
今回参加してくれたみなさんは、本当に本当にありがとうございました!!

 

ちなみに次回以降の交流会アイディアがでたところとしては、

  • ボドゲ会
  • 料理会
  • LGBTブログコンサル会
  • 性自認しばりではなく性的指向しばり会

 

次回開催希望が多ければまたやりますかね~!

こんなのやってほしい&一緒にやりたいなどありましたら、ツイッターなどからお気軽にお声がけください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA