恋愛をしない自由 アセクシュアルという生き方

無性愛(むせいあい、英: asexuality)とは、他人に対する性的な魅かれの少ないこと、または性的な行為(sexual activity)への関心や欲求が少ないか、あるいは存在しないことである。

無性愛の性質を持っている人のことを無性愛者、エイセクシュアル、アセクシュアル、Aセクシュアル(英: asexual)という。

引用元:Wikipedea 無性愛

アセクシャル、またはAセクシャル(エーセクシャル)とは、他者に対して恋愛感情や性的欲求を持たない人のことを言います。

 

今までアセクシャルについて知らなかった人にはピンとこないかもしれませんが、こちらの記事【 Letibee Life アセクシュアルを勘違いしている3つの質問 】に分かりやすい説明があったので引用します。

「異性愛者の人が同性を恋愛対象として見ない、同性愛者の人が異性を恋愛対象として見ないのと同じように、異性も同性も恋愛対象として見ない人のことです」

 

つまりアセクシャルの人にとっては、男性、女性、男女以外の性別のすべてが、異性愛者にとっての男性、同性愛者にとっての異性となるイメージです。

 

アセクシャルの分類

アセクシャルは、ロマンティックセクシャルという言葉によって分類されます。

ロマンティックは恋愛感情を持つか否か

セクシャルは性的欲求を持つか否か。

 

整理するとこんな感じです。

 

アセクシャルの診断

アセクシャルには診断がありません。

自分はアセクシャルかどうか分からない、アセクシャルと名乗っていいのか分からない。という方もいますが、セクシュアリティはグラデーションであり、流動的なものです。

 

確信がなくても、アセクシャルという言葉に自分の居場所を見つけられるのであれば、アセクシャルであることを名乗るのに何の問題もないかと思います。

REIJI
この辺は定義があいまいで広いXジェンダーと共通するところがあるかもしれません。

 

アセクシャルの人にとって付き合うとは

アセクシャルの人にとって、「付き合う」とはどういうことなのでしょう。

 

アセクシャルの人の中にも、恋愛感情や性的欲求は持たなかったとしても、

  • 精神的な支えが欲しい。
  • 恋愛感情ではないけれどパートナーを持って暮らしていきたい。
  • 家族を持ちたい。

と考える人はいます。

 

こちらの記事「誠実な複数恋愛、ポリアモリーとは?」の中でも「誠実さ」と「合意」というキーワードが出てきましたが、アセクシャルの人との交際においても、必要なのは「対話」そして「合意」です。

 

相手と自分は、それぞれどんなふうに交際関係を持っていきたいと考えているのかを対話し、お互いの合意地点を決定していくこと。

このように相手の望む関係と自分の望む関係をすり合わせていく作業は、アセクシャルや他のセクシャルマイノリティに限った話ではなく、どんな形のカップルであれ大事なことです。

 

アセクシャルにとっての悩み

恋愛感情を持たないということが、冷たい人、恋愛に奥手、人間嫌いとして勘違いされてしまうことがあるようです。

ですがアセクシャルは恋愛感情や性的欲求を持たないというだけで、他者に対する「愛情」や「友情」など人を大切に思う気持ちを持っています。

 

恋愛・結婚というのは決して絶対的な価値ではなく、パートナーを持たないということも尊重されるべきひとつの価値観です。

アセクシャルかどうかに関わらず、彼氏・彼女がいた方がいいとか、結婚をするべきだとかの価値観を押し付けるべきではありません。

 

恋愛をしないという自由

アセクシャルの方は、「恋愛をしない」「性交渉はしない」という自由を選んで生きています。

でもそれは欠落や不幸なことなどではありません。

誰もに恋愛する自由があるように、恋愛をしないことも自由です。

 

REIJI

個は個。

それぞれがどんな生き方を選ぶのかは、それぞれの個人の課題。

みんな同じでなくてもいいということがもっと当たり前に受け入れられるようになっていくといいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA