【FtM、FtX向け】低身長でも自信が持てるスタイル重視のコーディネートルール

   

スポンサーリンク

雑誌の通りコーディネートしたのに「なんか変」。

自分ってスタイル良くないし、オシャレなんて似合わないのかな?

 

REIJI
そんなことはありません!

身長が低くてもスタイル良く見せる方法は存在します。

スタイルを整える3つの黄金ルールを守るだけで、

低身長でもおしゃれ、さらには人より1歩でも2歩でもカッコいいコーディネートを作ることが可能です。

低身長のファッションにおいてバランスが崩れやすいのはなぜか?

コーディネートのバランスが崩れてしまう原因は、大きく分けて3つあります。

  1. サイズがぴったり合ったものを選んでいない。
  2. 背が小さいからといってデカい靴を選んでいる。
  3. トップスとボトムスの境界設定が間違っている。

1.サイズがぴったり合ったものを選んでいない。

まずありがちなのは、適切なサイズの服を選べていないこと。

今はやりのバギーシルエットや太めのパンツですが、低身長の場合、オーバサイズのボトムスはNGです。

使い方にもよりますが、ほぼ確実に短足に見えてしまうでしょう。

 

逆にトップスでは、少し大きめぐらいのアウターロング丈の羽織ものを使うと足長効果・体形隠しを狙うことができます。

2.背が小さいからといってデカい靴を選んでいる。

小さい人あるあるですが、1cmでも大きく見せたいがために厚底のデカい靴を選びがち。

REIJI
ライブだと絶対ステージ見えない!

そんなわけで気持ちは分からないどころかめちゃくちゃ共感しますが、デカい靴を履くとミッキー〇ウスなります。

どうしてもというときはブーツ系の厚底などドレス寄りの靴を選択しましょう。

3.トップスとボトムスの境界設定が間違っている。

上半身と下半身の境界設定が間違っていると、個別のアイテムがどんなに良くてもそのコーディネートは台無しです。

詳しくは後述しますが、足長細見せを目標としてトップスとボトムスの境界を設定しましょう。

またコーディネートを横に分断する線が多いほど、足が短く見えてしまいます。

低身長メンズファッションの黄金ルールと活用方法

キレイなメンズファッションを作るときの黄金ルールは、実はたったの3つだけ。

  1. ごまかすこと
  2. 錯覚を利用すること
  3. 全体のシルエットのバランスを整えること。

かつFtX、FtMである僕らは、コーディネートから女性的な部分を出来る限り排除する必要があります。

REIJI
ここからは具体的なアイテムとともに黄金ルールの活用方法を見ていきましょう!

1.隠す

上半身と下半身の境界をあいまいにする。

股下の始まり部分をとウエストの位置をあいまいにすることで、足の長さをごまかすことができます。

目安としては、おへそより10㎝下の長さのトップスを選ぶようにします。

ロング丈の上着やアウターを多用する。

未治療であれば胸はナベシャツで潰すしかないんですけど、ナベシャツってめっちゃ蒸れるしキツいし苦しいしで結構負担が大きい。

身体の方を変えることよりも有効かつ負担が少ないのは、「隠す」というテクニック。

特に女性的なラインの象徴である胸~くびれ~お尻のラインは、アイテムの工夫よりも全体を隠してしまうことのほうが簡単です。

 

僕のおすすめは、無印良品のステンカラーコートネイビー

春秋冬の間ずーっと愛用しています。

インドア極め過ぎて肌が白いので、視覚的に大きな面積を占めるコートは色の濃いものをチョイス。

REIJI
ロング丈アイテムは、胸部分~太ももあたりまでのライン(布の落ち感)が直線的に落ちているものを選ぶようにしましょう。

2.錯覚させる

ボトムスと靴の色を合わせる

ボトムスと靴の色を合わせることで、錯覚的に足長効果を狙えます。

ただしミッ〇ーマウスを回避するためにでボリュームの少ないドレス寄りの靴を選ぶようにしてください。

REIJI
おすすめアイテムはコンバースのオールブラック!

使いやすいのはローカットですが、僕はカジュアル寄りなハイカットの方が好みでそちらを持っています。

 

あとはユニクロUのスリッポンも超絶おすすめ。

スリッポンなので履き心地はすごい楽なんだけど、そこはさすがユニクロU。

スリムなデザインにすることで、カジュアルアイテムだけどドレッシーというハイブリッドアイテムになっています。

ワンカラーコーディネートに挑戦する。

ちょっとだけ難易度が高くなりますが、トップスとボトムスの色を同じにするワンカラーコーディネートにも挑戦してみましょう。

これもやはり同系色の錯覚による足長効果を狙っています。

トップスのフロントデザインで抜け要素をプラスしたり、いつもより多少露出度の高い服で冒険してみても楽しい。

3.正しいシルエットを整える。

美しいシルエットの基本を押さえる。

まずはオシャレ入門としてAライン(トップス太くてボトムス細い)もしくはIライン(トップスもボトムスも細い)を選ぶようにします。

その理由は、この2つのシルエットを選択することで最小限のアイテム数でコーディネートを完成させることができるからです。

  • ビッグシルエットのジャケット(無印良品ステンカラーコート)
  • 細身のトップス(UNIQLO)
  • 細身のパンツ(JEANASiSジェギンス)
  • ドレス寄りの靴(コンバースフルブラック)

見て分かるようにハイブランドアイテムは一つもありません。

ファッションを楽しむことは、生きることを楽しむこと


身長が低いことでできないファッションというのも確かに数知れずあるんですけど、

そこに苦手意識を持っちゃってファッションを楽しめないことのほうがよっぽどつまんないと思うんですよね。

REIJI
人よりも欠けていること、足りないことを気にするよりも、

それらをどうやって攻略していくか?をゲームみたいに楽しんじゃうのがファッションを楽しむコツです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA