Xジェンダーで困ったこと、Xジェンダーで良かったこと

   

スポンサーリンク

FtXブロガーのreiji(れいじ)です。

僕はXジェンダーで、女性の身体に生まれましたが、女性でも男性でもない「X」という性別を自認しています。

REIJI
この記事では、Xジェンダーであって困ったこと、良かったこと、そして僕がどうやって自分のセクシュアリティと折り合いつけていったのかをについて書いていきます。

 

Xジェンダーで困ったこと

冠婚葬祭の服に困る

 

日本の冠婚葬祭のドレスコードは、女性はスカート、男性はスーツいう具合に男性と女性で分かれています。

特に結婚式での女性の服装はドレスが標準です。

 

僕にとって女性の服を着るというのは、自分のアイデンティティに関わるぐらいのことなんですが、

REIJI

僕が着たい服を着ることが相手にとって失礼に当たるんじゃないか?

みたいに思ったりもする。

 

ただその困る理由っていうのは、カミングアウトしていないから起こることでもあります。

 

一人称に困る。

日本語ってなんでこんなにたくさんの一人称があるんでしょうか。

 

英語なら「I」だけで済みますが、

僕、俺、あたし、私・・・

そのほぼ全部に性差があります。

男が使う一人称と、女が使う一人称が決まっています。

 

ところで一人称に関してちょっと面白い記事があるので紹介。

ゲイとレズビアンが話し合う、今までのこと、これからのこと① 「わし」「こっち」…LGBTの迷走する一人称

引用サイト:「やるきあり美」様

こちらの記事を読むと、LGBT当事者はやっぱり皆さん一人称に悩まれているみたいですね。

 

性別違和に悩む。

治療したからって、楽になる訳じゃない。

周りの僕に対する扱いが変わる訳じゃない

 

って思っても、やっぱり毎日鏡の前で自分の顔や身体を見る度に

REIJI

なんでこの身体なのか?

なんで女なのか?

を思うのはしんどいものがあります。

 

FtXの胸オペ リスクと得られるメリットとは⁉

 

Xジェンダーで良かったこと

自分って何なのか?という命題と向き合った。

良かったことについてはこれに尽きます。

 

僕は自分の性別への違和感と、あいまいなセクシャリティを抱えたことで、

  • 自分という人間はなんなのか
  • 自分はどう生きていきたいのか

という命題とガチンコにぶつかりまくりました。

ていうか今も。

 

Xジェンダーでなければ、ここまで真剣かつ命懸けでは考えなかったし、向き合わなかっただろうと思います。

 

それでも、今の自分を認めるために僕は考え続けました。

REIJI

どう生きればいいのか。

僕は一体なんなのか。

僕の性別とはなんなのか。

 

見出した答えは、

好きなものを増やすこと。

そして、前に進み続けることでした。

 

「悩んで停滞する」から、「前に進む」へ

悩みから抜け出して気づいたんですけど、

僕は本当に停滞してる状態がほんっとうに嫌いだったんだな~と。

 

悩んでる状態=停滞であり、そこからは何も生産的なものは生まれません。

今だから言えるんですけど、

悩む=自分の不幸に浸ること

だったんですよね。

 

つまり「悩む」とは、

  • 自分がどんなに不幸か。
  • 自分がどんなに与えられなかったか。
  • 自分がどんなに奪われたか。

を並べていくことです。

 

僕はかつてそこにいました。

悩みの泥沼はとても深くて、そこでもがいている間はもうすっごい苦しかった。

とても二言三言じゃ表せらんないくらい。

 

でも、大丈夫だったんです。

悩むこと以外はすべて前に進むことで、実際に行動し続けたことが以前よりも幸福な現在につながっていたから。

超重度コミュ障で外に出られなくなった僕がいじめ後遺症の症状を克服することができた3つの理由

 

Xジェンダーとして進み続ける。

Xジェンダーとして困ったことを過去形にして、

「それでも全部間違ってなかった」と言うためには、進み続けるしかない。

書評『いのちのはな』 夢を叶えたい。「何もしなかった」で終わりたくはない。

 

僕はXジェンダーとしての僕の生き方について発信し続けていきます。

なぜなら、

僕はXジェンダーという言葉に出会い、Xジェンダーとして生きていって良いんだと思えるまでに、もの凄くもの凄く遠回りをしたから。

 

これから自分で自分の性別を選ぶ人や、自分で自分の一人称を選ぶ人が、

自分を嫌いにならないように

孤独にならないように、僕は発信をしていきたいです。

あるいは僕の言葉で救われる人がどこかにたった一人でもいるなら、僕がブログを書く意味はあると思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA