reijiのプロフィール

B!

 

REIJI
こんにちは!

FtXブロガーのreiji(れいじ)です!

ブログサイト『ボクイキ』の中の人です。

25歳で射手座のA型。申年です。

性別は男でも女でもないXジェンダーを自認しています。
 

5分でわかるreijiのプロフィールはこちら。

reiji ってこんな人

簡単な経歴

  • 1992年12月 長野県に生まれる。
  • 2016年4月 看護師として就職。そこそこブラック&鬼畜シフト。
  • 2017年1月 ブログで稼げることを知る。ハウツー本を買いあさりwordpressと格闘を始める。
  • 2017年3月 ブログサイト「ボクイキ」を開設。
  • 3年間のお礼奉公を終え無事退職。いなフリ参加中

好きなもの

reijiのこれまでとこれから

Xジェンダーとして自覚するまで

僕、reiji(れいじ)は身体的には女性ですが、男でも女でもない性別、Xジェンダーを自認するFtXブロガーです。

Xジェンダーとしての自覚は遅く、はじめは女の子の方が好きかもしれないという感覚がぼんやりとあっただけでした。

 

周りの女の子たちは、みんな彼女ではなく彼氏を作るのが普通。

REIJI
女の子を好きになるなんて普通じゃない、普通でいなきゃ。

と思っていた僕は、高校で一人、大学で1人、告られたことをきっかけに男子と付き合いました。
が、結果気持ち悪くて別れました。

というのは半分冗談ですが、

自分が「女」として好かれていることになんかとても違和感があってダメでしたね。

 

そして大学3年生の時、はじめて女の子に告白します。

結果は惨敗だったけど頑張った自分を褒めてやりたい。

よく死ななかったな!と思うぐらい緊張してました。

 

女の子を好きになる気持ちを自分自身に認めていくと同時に、身体の違和感はどんどん強くなっていきます。

僕は女の子を愛するのに、誰からも疑問も否定も非難も受けない体が欲しくて、ずっと男になりたかった。

だけど、どんなに願っても、手術や治療では生まれながらの男の身体や、男として生まれてたら生きたはずの人生はもう二度と手に入ることはないのです。

 

そのことが僕をとても苦しめました。

生理や、胸や、女の名前や、僕を女たらしめている何もかもが嫌で嫌でたまりませんでした。

ボディピアスとの出会い

そんな中、僕はボディピアスに出会います。

きっかけはネットでたまたま見た写真だったのですが、その見た目のインパクトと美しさに心を奪われ、頭の中はピアスのことでいっぱいになりました。

 

たちまちハマり今はこんな感じ。

 

順にネイプ、インダストリアル、ヘリックス。

ボディピアスがぼくに与えたのは、自分の体は自分の意思で望む形に変えることができるという確信です。

 

そのことに気づいた時、僕の自分の体への嫌悪感は、なくなりはしないものの随分小さくなりました。

Xジェンダーという言葉に出会い

REIJI
別に男にも女にもならなくてもいいじゃん
という納めどころを見つけたのもこの頃の話。

ブログとの出会い

そしてもう一つ、僕を大きく変えたもの。

それは、ブログです。

八木さん(八木仁平オフィシャルブログ)やあんちゃさん(まじまじパーティ)やしみさん(はなうた横丁)のブログを読んで、

好きなことだけやって生きていけるかもしれない、という可能性を提示された時、ワクワクすると同時に救われた気分になったのを覚えています。

 

セクシャリティの悩みで一杯いっぱいになってた僕は、進路を決める時に、努力をする気力がすっかりなくなっていました。

その時の実力だけで入れた看護大学に入り、安パイを選ぶように看護師になります。

 

小児科に勤め、子供と関わることは楽しかったけど、ずっと「これは自分が本当にやりたいことじゃない」と思い続けていました。

立て続く残業と夜勤に体と心はボロボロになり、自分のやりたいことが全くできない生活。

本当にこんな人生でいいのか?

焦燥感に押しつぶされそうでした。

 

今思えばこうした苦しみは、セクシャリティの悩みにかまけて、自分の人生と向き合うことから逃げていた事の代償だったんですよね。

REIJI

泣いても喚いても誰もこの状況から助けてはくれない。

それなら、自分で動き出すしかないじゃないか。

 

今の仕事を辞めてもなんとか自分が生きていける道を模索し、そしてそんな時期にブログに辿り着いたのです。

僕はずっと、自分が大好きなことに打ち込んで生きていくことを誰かに許されたかったのだと思います。

そしてブログサイトボクイキを始めた。

ブログは控えめに言ってめちゃくちゃ楽しかったです。

ブログという世界には僕の欲しいものが全てありました。

 

記事を書いていてもデザインをいじっていても、アクセスを上げるための勉強をしていても、他の人のブログをよんでいても、ブログに関するとにかく何もかもが楽しかった

こつこつ記事を貯めてPVやドメインパワーを上げていく過程とか、ロールプレイングゲームのような感覚が自分に合っていたのだと思います。

 

そして何より、「文章を書く」という作業が僕は好きで好きでたまりません。

生まれてはじめて、ここが自分の頑張るべき世界だと思えました。

 

そして今、ブログに2つの可能性を見いだしています。

ひとつはブログをプラットフォームに好きなことを仕事にして、好きなことだけして生きていける可能性。

もうひとつは、僕が苦しんだLGBTやセクシャリティ周りの情報を発信して、自分のようなXジェンダーやLGBTQの居場所を作る、という夢を叶える可能性。

今後の展望

僕は来年の3月に仕事を辞めます。

やっと、自分と自分の人生のために進路を選ぶことができます。

 

家族や周りの反対もあるし、華々しい成功なんか手に入らないかもしれない。

それでも、それが見えもしない将来や老後のためなんかじゃなく、目の前の自分を生かすことにつながっていると信じて、自分の力でやれるところまでやってみるつもりです。

 

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
 

B!