SNSとブログを連携して発信力を加速させるための10の方法

   

スポンサーリンク

ブログでの発信力をつけていくためには、ツイッターやフェイスブックなどのSNSとの連携が不可欠です。

しかしそれを戦略的に行っている人は少ないかもしれません。

 

この記事では、SNSの中でもツイッターとフェイスブックに焦点を当てて、加速度的に発信力をつけていくための方法について学んでいきます。

REIJI
今までSNSをあまり使ったことがないという人にも分かりやすい内容になっていますので、ぜひ読んでみて活用してください!

 

ブログとSNSの特徴を知る

REIJI
まずはブログとツイッター、フェイスブックの特徴を学んでいきましょう!

それぞれの発信媒体にそれぞれの得意分野があります。

それを知ることで、どの情報をどのツールで発信すればいいかが見えてきます。

 

twitterの特徴

ツイッターは140字の投稿ができるSNSです。

少ない文字数で自分の考えを伝えるミニブログと考えてもいいでしょう。

 

アカウントは匿名でも実名でも作ることが可能で、フォローしたアカウントの投稿、いいね・リツイートをつけた投稿が自分のタイムラインに表示されるようになっています。

いいねやリツイートの数が多いほど自分の投稿をたくさんの人に見てもらうことができます。

 

facebookの特徴

フェイスブックは実名での登録が推奨されているSNSです。

フォローは友達申請・承認というシステムを取っており、よりリアルに近いコミュニケーションをとることができます。

 

個別にメッセージを送れるメッセンジャーという機能があり、準LINEのように使っている人も多いかもしれません。

イベントページをというものを作ることができるので、オフラインでのイベントを告知・募集するのにも適しています。

 

ブログの特徴

不特定多数に開かれたSNSと違って、ブログでは読んでくれる読者を自分で集客していく必要があります。

  • 検索上位に表示されるためのSEO対策
  • ユーザビリティの高いコーディング
  • アイキャッチ画像の工夫
  • 適切な内部リンク

などなど、SNSにくらべて工夫しなければいけないことがたくさんあります。

 

また検索やSNSリンクをクリックしてブログを訪れてくれた読者は、欲しい情報や興味のあることがあってブログを読んでくれています。

そのニーズにきちんと答えることができれば継続的なファンになってくれますが、そうでなければ離れていってしまいます。

REIJI
サイト内の回遊性、再訪率を高めるためにも、「ユーザーニーズに120%答える記事」を心掛けて行きましょう!

 

発信する情報の差別化をする

ツイッター、フェイスブック、ブログの特徴が分かったところで、せっかく複数の情報発信ツールを利用するのですから、情報の差別化を行う必要があります。

つまり、ブログにはブログにしかない情報を、SNSではSNSにしかない情報を発信して、そのそれぞれに読者にとってのベネフィットがあるようにしておくべきです。

 

先ほど説明したSNSの特徴を思い出してください。

ツイッター=140字のミニブログ

フェイスブック=よりリアルに近いコミュニケーションツール

 

これを元にして、それぞれのSNSでどんな情報発信をしていけばいいのかを次に示します。

ただこれはきっちり分けなければいけないということではなく、状況に応じて柔軟に変えてもらってOKです。

 

ツイッターに何を投稿するか

ツイッターでは、これからブログ記事にしようと思っているネタを投稿します。

またツイッターでは、自分のツイートをブログ記事に埋め込むということができるので、それも念頭に置きながらツイートをします。

REIJI
僕の場合はブログ記事を書きながら記事に埋め込むためのツイートを作るという方法を取ることもあります。

 

後々記事にしなかったとしても、自分のオピニオンを伝える思考整理のツールとして使っていくことで、ツイッターには自分の思考の色が出てきます。

なのでツイッターでもブログでも一貫した意見を発信していきましょう。

 

フェイスブックに何を投稿するか

リアルでつながっている人が多いフェイスブックでは、リアルでの活動報告をします。

参加したイベント、どんな人と会ったかなど、「今何をしているか」を伝えるようにすると良いでしょう。

 

後にブログ記事にするかもしれないネタについては、写真メインの簡単な報告程度で構いません。

ツイッターやブログとは違って、フェイスブックは自分のファンになってくれている人が多いので、読者へのベネフィットについてはブログよりも緩めに考えて大丈夫です。

 

戦略的にターゲットを絞る

ブログとSNSはターゲット、つまり自分の情報発信を届けたい相手を明確にすることで、投稿をより洗練させることができます。

 

自分のブログやツイートを読んでくれるのはどんな人でしょう?

  • 年代は?
  • 家族構成は?
  • 職業は?自由業?会社員?不規則勤務?
  • 趣味は?
  • 顕在的なニーズは?
  • 潜在的なニーズは?
  • 何に不満を持っている?
  • 生活がどうなれば幸せだと思っている?

 

このように読んでくれる読者像を明確にすることを、ペルソナを設定するといいます。

ペルソナは、「読者のニーズに120%答える記事をつくる」ためのガイドラインになってくれます。

 

仮に「食べ歩きをメインにした旅ブログ」でペルソナを設定してみるとこんな感じになります。

■ターゲットは20代~30代の独身女性。職業は看護師など。
不規則勤務だが金銭的には余裕があり、平日など好きな時に休みを取ることが可能。

■食べることと旅が大好き。
甘いものや手軽に食べられる食べ歩きメニューのほか、旅館のごはんについても詳しい情報が知りたい。
またできるだけお得に旅や食べ歩きがしたい。

■友だちとの旅行もいいけどひとり旅も好き。
エステなど旅先でできる美容体験にも興味あり。

 

このようにペルソナを設定することで、必然的に

  • 地元色の強い食堂よりも、女性一人でも入りやすいおしゃれなお店
  • 量が多いがっつりメニューよりも、コスパの良いスイーツの充実したお店
  • 家族向けレジャーの情報よりも、旅先の美容やエステなど情報

が書くべき記事になってきます。

 

REIJI

このぐらい詳しくペルソナを設定して情報発信に組み込むことで、他の食べ歩きブログやSNSアカウントとの差別化を図ることができます!

 

読者にベネフィットを与える投稿をする。

SNSでメインとして発信していくのは、読者にベネフィット(利益)を与える投稿です。

  • 友だちと遊びに行って楽しかった
  • 食べたもの報告
  • 眠い、疲れた、仕事しんどい

などの投稿ではなく、

 

  • ノウハウの提供
  • 共感を狙った投稿
  • 読者(=過去の自分)を救う投稿

をしていくようにします。

 

先ほど設定したターゲット像やペルソナに合わせて、フォロワーがどんな情報、承認、勇気づけを求めているかを考えていくといいでしょう。

REIJI
一日の総ツイート数としては、1日3~4ツイートが目安です!

 




フォロワーと積極的に絡む。

SNSではフォロワーと積極的に交流を持っていくようにします。

 

具体的には

  • 自分が良いと思ったツイートの引用ツイートやコメント&いいね
  • コメントをくれた人には必ず返信

 

いいねやリツイートをもらえたら嬉しいのはみんな同じ。

そんで見返りのない他人へのギブは最終的に別の形で自分に返ってくるんですよね。

ただし自分の精神衛生が保たれないようなコメントをするアカウントについてはブロックで良きかと!

 

発信者としての魅力的なキャラ付けをする

ブログでもSNSでも、発信者が魅力的であるほどフォロワーが増えていきます。

 

キャラ付けを行っていくには、ブログとSNSの両方で、見せたい自分、魅力的なキャラクターを表現する投稿を行っていく必要があります。

 

ただ背伸びや無理をしたり身の丈に合わない自分を演じたりしてもしんどいし長続きしません。

事実を伝えるようにしながら、伝え方、伝える順番、言葉遣いを工夫するという感じです。

 

またどんなキャラ付けを目指していくにしても、楽しそうに生きてる人というのは魅力的に見えます。

ネガティブよりもポジティブを、

自分がどんな苦境にいるかよりも、そこからどんな努力をして今どんな楽しい未来にいるか、あるいは向かおうとしているかを伝えるようにしていきましょう。

 

プロフィールを工夫する

肩書を持つ

これは必ずしも必須ではないのですが、肩書きをつけることでなにをやっている人なのかが明確になります。

 

ツイッターではアカウント名を自由に変えることができます。

名前@肩書き

名前|肩書き

という感じで、自分の発信や活動内容に肩書をつけてみましょう。

 

その際ブロガー、ライター、フリーランス単体ではワードとして弱いため、別の要素とかけると面白い肩書きになることがあります。

REIJI
肩書きがブログ・SNSのターゲットとずれないように気を付けてください!

 

プロフィールに埋め込むべきは現在、過去、未来

SNSでは、プロフィールの良し悪しでもフォローしてもらえるかどうかが決まります。

 

プロフィールには

  • 現在:今何をやっている人なのか
  • 過去:今まではこんな過去があったけど、こんな努力をして現在に辿り着けた
  • 未来:これからこんなことをやろうとしている。

という3つの要素を盛り込みます。

 

現在➔過去➔未来という順番も大切です。

あまり長文では読者も読む気をなくしてしまいます。

 

  1. 一番最初に、主題=今何をしているひとなのか
  2. 次に、自分では納得していなかった過去からどんな努力をして①で述べた現在に辿り着いているのか
  3. 最後に、情報発信を通じて自分がこれからやろうとしている活動=未来

を伝えていきます。

 

REIJI

「この人をフォローしておくことで理想の未来を一緒に見られる」と思わせることができれば、プロフィールで読者をフォローまで導くための導線は完成です!

 

ブログとSNSの相互の流入の循環を作る

ブログとSNSにファンが少しずつできてきたら、相互の流入の循環を作っていきましょう。

ブログを読んでくれている人がSNSもフォローしたくなる工夫、ツイッターをフォローしてくれている人がブログに流入してくれる工夫をしていきます。

 

ブログを更新したらSNSで告知しよう

これは基本となりますが、ブログを更新したらSNSでの更新報告をします。

そのときブログの方でアイキャッチ画像を指定しておくと、ツイッターやフェイスブックの投稿には画像付きのリンクが貼られます。

アイキャッチでは文字を入れたり分かりやすいイラストをつけてみると、よりたくさんの人に読んでもらえます。

 

SNSのブログ更新通知では、記事リンクとともに

  • 誰に向けて書いた記事なのか
  • どんなことが書かれているのか
  • 読むとどんな良いことがあるのか(ベネフィット)

を書いていきます。

 

REIJI
ツイッターでは140字の文字制限があるので、ブログのリード文よりも簡潔に!

 

ブログにSNSへのリンクボタンやバナーを貼ろう

ブログからSNSへの流入を狙うために、ブログにSNSへのリンクを貼ります。

SNSに用意されているデフォルトのボタンだけでなく、絵柄付きのバナーを使うと効果的です。

こんなやつね。

この場合、バナーにしたい画像に自分のツイッターやフェイスブックのホームページのリンクを貼りつければOKです。

 

読者に自分をフォローしてもらうことのベネフィットを伝えよう

ブログにSNSリンクを貼るだけではなく、自分をフォローしてもらうことのベネフィットを伝えることが重要です。

 

ブログのファンにとってベネフィットとなるのは、

  • ブログの更新をいち早く知ることができる
  • ブログにする前のネタを見られる
  • SNSにしかない有益な情報を知ることができる

など。

 

SNSバナーやリンクボタンは、

  • 記事終わり
  • サイドバー
  • プロフィール記事内

など読者の目につきやすくクリックされやすい場所に貼り付けるようにします。

 

REIJI

貼り付ける場所は必要に応じて工夫してみましょう!

 

SNSのタイムラインでは誰よりも目立つ

SNSでは、読者目線で読みやすい投稿をするとともに、タイムラインでどれだけ目立てるかがとても重要です。

 

そのために使えるテクニックが

  • タイトル
  • 改行
  • 画像

です。

 

タイトル

SNSでの投稿にはタイトルをつけましょう。

 

タイトルは目立つかっこ

【タイトル】

<タイトル>

■タイトル

などを使います。

REIJI
どれを選ぶかはお好みでOK!

 

自分がツイッターを見る時を思い浮かべてもらえばいいのですが、

読者はタイムラインに流れてくる膨大な情報を読むかどうかをほんの一瞬で判断します。

 

そのため、投稿の一番最初のタイトルで「この記事には何が書いてあるのか」を伝えるようにしましょう。

 

改行

ブログでは読者が読みやすいように改行を多用しますが、SNSも同じです。

改行がなく文字がびっしりつまった投稿はそれだけで読者の読む気を削いでしまいます。

 

改行は1文ごと行い、さらに段落ごとに1行開けるようにしてください。

またSNSで改行をすることには、フォロワーのタイムラインに自分の投稿の占める面積を増やすという意味合いもあります。

 

画像

目立つための3つ目の戦略は、画像をつけること。

画像は写真があるときは写真を使いますが、ノウハウの発信の時には図解が便利です。

 

 

リアルで動き続ける

ブログでもSNSでも発信力をつけていくために最も重要なことは、

実は投稿や連携方法の工夫よりも、リアルで動き続ける、そしてその活動を発信するということです。

 

ブログやSNS上でいくら良い発信をしていても、

「この人はじゃあ実際になにをしているのか?」

が見えてこないと、結局のところ実質が伴わないんですよね。

そしてブログの世界では、実際に動ける人の方が少数派で目立ちます。

 

リアルでの活動方法には

  • 他人のイベントに参加する。
  • 自分のイベントを開催する。
  • インタビューなど自分から誰かに会いに行く

などがありますが、自分のイベントやインタビューなど、圧倒的に自分から動いて発信する方が強いです。

REIJI
イベントレポートやインタビューでは、ブログやSNSでの投稿のための写真を撮りまくることを心掛けてください!

 

まとめ

ここまでSNSとブログを連携させて発信力を加速させる方法を10個のポイントに分けてお伝えしてきました。

  1. ブログとSNSの特徴を知る
  2. 発信する情報の差別化をする
  3. 戦略的にターゲットを絞る
  4. 意味のないことは発信しない
  5. 積極的にフォロワーと絡む。ただし自分にとって害になるアカウントはブロック
  6. 発信者としての魅力的なキャラ付けをする
  7. プロフィールを工夫する
  8. 流入の循環をつくる
  9. 読みやすく目を引く投稿をする
  10. リアルで動き続ける

 

2016年のツイッター全体調査によると、フォロワー1000人を超えているのは27.6%と全体の3割以下です。

まずはこのあたりを目標にしてみるといいかもしれません。

 

そして影響力をつけていくうえで大事なことはツイッターやフェイスブックのフォロワー数や影響力を増やして、その先で何がしたいのか。

そこの全体目標が定まっていると、SNS、ブログでも芯がぶれず安定した発信ができるようになってくるはずです!

 

コメントを残す