LGBT・セクシュアルマイノリティの当事者がブログを始めるべき3つの理由

   

スポンサーリンク

ブログにはたくさんの可能性があります。

ブログの収益化が成功すれば、副業収入として生活に余裕を生み出してくれます。

自分の好きなことを発信していれば、好きなことが仕事になったり新しい人とのつながりが増えいくかもしれません。

 

好きなことに対するやる気と情熱がある人には等しくブログをおすすめしますが、その中でもLGBTやセクシュアルマイノリティの当事者の方にブログを書いてほしいと思う3つの理由があります。

LGBT・セクシュアルマイノリティの当事者がブログを始める3つのメリット

REIJI
LGBT・セクシュアルマイノリティのみなさんにブログを書いてほしい理由は次の3つです。

 

  1. 自分自身の居場所を作れる
  2. 同じ立場の人への救いになる
  3. 人生の選択肢が広がる

 

自分自身の居場所を作れる

個人ブログでは、書くことで自分の人生や自分自身と向き合っていくことになります。

自分が何を考え、何を欲していて、どんな風になれば幸せなのか。

ブログを書くという作業はそれを言語化することです。

それによって今の自分を言葉によって肯定していくこと、あるいは自己肯定できる段階まで自分自身を引き上げることができます。

 

また自分のセクシュアリティも踏まえて発信をしていくとすると、そこから生まれるつながりというのは、趣味や考え方が合う人たちであると同時に、セクシュアリティの悩みについて共感しあえる人たちである可能性が高いです。

ウェブ上だけでなくオフラインでもつながりをつくっていくことができれば、それはこれ以上ない絆になっていくでしょう。

 

同じ立場の人への救いになる。

特にセクシュアルマイノリティ、LGBTsにとっては、同じセクシュアリティを持つ人同士で共感しあえる話題がたくさんあります。

  • 性別適合治療における体やメンタルの変化
  • クリニックや海外アテンドの内情、体験談
  • 当事者イベントのレポート
  • 共通の悩み
  • セクシュアリティごとの性自認・性的指向に対する考え方
  • 同性パートナーシップの実際

などなど、当事者しか持っていない情報の需要は高いです。

 

知識としての情報を得るだけならウィキペディアで十分ですが、血の通った体験談というのはそれを経験してきた本人にしか書けません。

読者へのメッセージや勇気づけを行うときにも、近い立場、同じセクシャリティを持つ人にしか書けない言葉というのがたくさんあります。

REIJI
同じ立場の人への救いになるようなブログがたくさん増えていってほしいなあと思います。

 

人生の選択肢が広がる

LGBTsに限らず、副業としてのブログの収益化が成功すれば、働き方の選択肢はぐっと広がっていきます。

収入源が増えることで生活に余裕が生まれますし、今まで仕事に充てていた時間を家族と過ごせる時間、自分のやりたいことをする時間にすることができます。

 

またブログは個人の発信でありながら、努力と工夫次第で何百何千人に自分の言葉を届けることができます。

影響力がついていくほど企業やスポンサーの目に留まる可能性が高くなり、自分の夢を後押ししてくれる人が現れるかもしれません。

REIJI
ブログやSNSでは、「これをやってみたい!」をどんどん発信して伝えていきましょう。

 

さらにブログには夢を形にするための力があります。

とはいっても億万長者になるとか芥川賞を取るとかの大げさなことだけが夢なのではなく、

  • 「料理で人に楽しんでもらいたい」
  • 「趣味のあった友達とサークルを作りたい」
  • 「音楽をする仲間が欲しい」
  • 「大人になっても子供みたいにみんなで遊べる居場所を作りたい」

こういうことだって立派な夢です。

 

クラウドファンディングや電子書籍、note、ネットショップの開設、イベント開催などなど、ブログとウェブ上にある様々なツールを使えば、やりたいことや夢はかなり具体的に実現可能なことになってきます。

夢を叶えるという目標を持った時に、ブログを通して行動するのとしないのとでは、最終的に描ける人生の全体像が大きく変わってくると僕は思っています。

 

僕がブログをはじめて変わったこと

僕もXジェンダーの当事者としての発信をしていますが、ブログを始めてからというもの人生が目まぐるしい勢いで変わり続けています。

 

具体的にはこんな感じで、

  • 看護師を退職しフリーランスに
  • 田舎フリーランス養成講座参加
  • 住む場所:長野➔千葉県外房➔千葉県内房
  • レスリー・キーさんによる『OUT IN JAPANカミングアウトフォトプロジェクト』に参加
  • 胸オペ手術日決定

 

ほんの2か月前はただの看護師だった僕の環境は、自分でびっくりするくらいの速度で変わっていっています。

 

この変化はブログ自体というよりも、ブログを通して

  • 「実際に動いてみる」ということが結果に影響を与えること
  • 「継続すること」が結果に直結していること

を学ぶことができたのが大きかったと感じています。

 

当事者として発信すること=戦っていくことではない

LGBT当事者としての発信というと、アクティビストだとか差別や偏見と戦っていかなければいけないといったイメージがあるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

 

むしろそうやって戦う姿勢を見せれば見せるほど差別や偏見があることを強調してしまうことになるし、「当事者」と「当事者以外」との溝は深まっていくばかりです。

そういうブログは読むほうも書く方もしんどいですよね。

 

じゃあブログには何を書けばいいのか?

 

その答えは簡単。

書いていて楽しいことです。

LGBT、セクシュアルマイノリティであることをオープンにできるのであれば、その個性は武器として使いつつ、他のブログと同じように、自分の好きなことで他人に与えられる技術が知識を伝えていきます。

 

人が集まってくれるのは、

  • 楽しそう
  • 面白そう
  • この人はなにか自分に良いものを与えてくれそう

だと思うから。

 

リアルの世界と同じで、文句ばっかり言ってる人、ケンカ腰の人、暗い話しかしない人の周りには、誰も集まりません。

誰かを排除するよりも、拾い上げること。

差別や偏見と戦うよりも、自分たちが自分らしく生きていてこんなに楽しいということを伝えること。

REIJI
ポジティブなことの方がエネルギーは絶対デカい!

 

まとめ

ブログは楽しいです。

毎日の更新は大変ですが、頑張れば頑張るだけpv数や収益として目に見える成果が返ってきます。

 

ブログをやることのメリットは

  1. 自分自身の居場所を作れる
  2. 同じ立場の人への救いになる
  3. 人生の選択肢が広がる

という3つ。

 

そんなブログの可能性に魅力を感じるLGBTs、セクマイの皆さん。ぜひ僕と一緒にブログを始めましょう!

(7月くらいにLGBT当事者限定でゼロから始められるブログコンサルイベントを考えているので、気になる方はツイッター@iosononelcieloをチェックしておいてもらえると・・・!)

 

REIJI
この記事でブログに興味を持っていただけたら、こんな記事もあるので読んでみてください!

初心者がブログを開設して収益化を目指すときに知っておくべき10のこと

初心者がブログを始めるには何が必要? レンタルサーバーや収益化の詳細解説も

ブログ用レンタルサーバーにはエックスサーバーがおすすめ 料金・スペック徹底解説

 

コメントを残す