Xジェンダーとして生きることを楽にした本おすすめのまとめ

   

スポンサーリンク

男でも女でもない性別Xジェンダーは、まだまだ世の中に浸透しているとは言えないセクシャリティの概念です。

僕もその言葉に辿り着くまでにたくさんの葛藤がありました

その中で自分の力になった本について紹介します。

『Xジェンダーって何?―日本における多様な性のあり方』

Xジェンダーに関する専門書籍というのが今までなかった中はじめて体系的に、そして歴史的背景も含めてXジェンダーについてまとめた本です。

学術書としてはやや不足があるように感じますが、今まで世の中で全く注目されてこなかったXジェンダーの当事者それぞれの声を取り上げた点においてとても画期的でした。

 

Xはあまりに多様です。

ほかの当事者の考えを知ることで、自分にとってのXの在り方も間違いではないんだと知ることができました。

『LGBTだけじゃ、ない!「性別」のハナシ』

インターセクシュアルであり男性へと性転換した著者によるコミックエッセイ。

LGBTはめんどくさいと思われがち。

セクシャリティ周りの話は暗くなりがち。

そんな固定観念をひっくり返してくれた本です。

 

マイノリティにカテゴライズされたとしても、僕たちだって普通に生活している生身の人間です。

性の話もセクシャリティの話も、あっけらかんと語っていくことで壁とか遠慮みたいなものはきっと取っ払われていくんだろうなと感じました。

REIJI
なんかKindleだとやたら安いから読んだらいい。

『嫌われる勇気』

Xジェンダー・LGBTの関連書籍ではないですが、僕の価値観の根っこみたいになってる本です。

僕がどうひっくり返ったって本物の男性に敵うわけない。

そんな風に絶望してた時期に読んで、自分がいかに突っ張ってがちがちに生きてたかってことに気づかされました。

 

自分は自分でいい。手に入らないものを求めたり無理に何かになろうとしなくてもいい。

他人は他人。自分は自分。

嫌われてもいい。だからこそ自立した「個」として生きる。

 

人生をシンプルに捉えるための優しいエッセンスがたくさん散りばめられています。

『おとこのことおんなのこ』

インターセクシュアルの壮ちゃんとトランスジェンダーの修ちゃん。

2人の不思議な関係と距離を描いた漫画です。

 

性別は、苦しい。

それでも性別としてではなく、自分自身として生きていこうとしたときに世界は少しずつ変わり始めていきます。

 

ピュアで少しだけ悲しい読後感。

好きな格好をして生きていきたい人に勇気を与えてくれる1冊です。

『百合のリアル』

レズビアン活動家牧村朝子さんの著書。

LGBTを知るためのよりディープな入門書。

漫画も入っていたりでライトには読めますが、かなり突っ込んだところまで書いています。

 

FtMゲイやMtFレズビアン、Xジェンダークエスチョニングなどなど、一口にLGBTという中にも納まりきらないセクシャリティが存在します。

それでも一番大切なことは、自分が当てはまるカテゴライズを生きることではなく、自分が自分として生きられること。

 

カテゴライズに分断される痛みも、決めつけられる悔しさもたくさん体験してきた牧村さんだからこその強く優しく丁寧な言葉が響きます。

コメントを残す