僕たちはいつまでLGBTを名乗り続ければいいのだろうか?

   
スポンサーリンク

セクシャルマイノリティはこれまで、たくさんの差別や偏見を受けてきました。

それに対し、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、その他のさまざまなジェンダーやセクシャリティが互いに手を取り、自ら声を上げて来たこと。

それ自体は本当に素晴らしいことだと思います。

 

現在日本において、LGBTやダイバーシティはホットワードであり、多くの企業がLGBT共生社会の実現に向けて動き始めています。

LGBTフレンドリーな国内企業まとめ

 

また2015年には、渋谷区・世田谷区が同性同士のパートナーシップ条例の制定に乗り出しました。

同性パートナーシップ証明書とは 今までと何が変わる? わかりやすく解説 |HUFF POST 

 

世界は確かに前進し、ポジティブな方向に向かっているのでしょう。

当事者として感じる小さな違和感

LGBTが確かな前進をしている現代。

でも僕はいち当事者として

REIJI
僕たちはいつまでLGBTと名乗っていればいいのだろうか?

と問いたいのです。

 

女性が女性を好きだというと、それは「レズビアン」だと呼ばれる。

でも、身体的な女性が同じ女性を好きになった時に、パターンはひとつではありません。

その女性は、バイセクシャル(両性愛者)かもしれないし、パンセクシャル(全性愛者)かもしれないし、

もしかしたら性転換治療をうけた「元男性」かもしれない。

 

身体的な男性が女物の服を着ると、オネエだと言われる。

こんなに乱暴な言葉もないと思うのだけれど、オネエって言葉は一体何を指しているのでしょうか。

世の中ではゲイトランスヴェスタイル(異性装者)トランスジェンダーも一緒くたです。

 

で、何が言いたいかというと、

REIJI

誰かが誰かを好きになるという現象に対して、

第三者が名前をつけるのはおかしくないですか?

ということ。

LGBTはLGBTらしく、ノンケはノンケらしく

当人たちにとっては、「私たちはお互いに好き合っている」という現象があるだけです。

同性愛だろうがなんだろうが、それぞれのセクシャリティがなんだろうが、

「お互いが好き」という以上の事実は、そこには存在しません。

 

でも現状は結局のところ、

同じ女性を好きだというためには、お互いがレズビアンという前提がなければいけません。

 

というか、いけないことはないと思うのだけれど、「レズビアン女性」が「ノンケ(ストレート)女性)」と結ばれる確率はとても低い。

そうでなくても、そのハードルは高いです。

これは「ゲイ男性」と「ノンケ」の場合でも同じ。

 

世の中には、

  • ストレート男性/女性は絶対に同性のことを好きにはならないし、
  • 同性愛者は絶対に異性を好きにならない。

という謎すぎるルールが横行しています。

 

と同時に、

  • FtMは、男らしくしなくてはいけない。少しでも女らしい振る舞いをしてはいけない
  • MtFは、女らしくしなくてはいけない。少しでも男らしい振る舞いをしてはいけない。

というルールも、たとえ明文化・明確化されていなくても、確かにそういった空気があるのを感じます。

 

まさに「セクシャリティの独り歩き」です。

僕たちは、LGBTだと名乗らなければ、LGBTにすらなれないのです。

セクシャリティの前提をつけず、1人の人間として向き合う

僕が思う理想は、

相手と自分の身体の性別、性自認、性的指向といった諸々のセクシャリティはひとまず置いておいて、

セクシャリティの前提や宣言なくして「あなたが好きです」と言える世界です。

 

私は自分の身体に違和感を持っていて、反対の性別になりたいんです

という宣言をしなくても、

好きな服を好きなように着れる世界、好きな一人称(あたし、俺、僕、私・・・)を名乗れる世界、

そしてそれらのことが、一切誰からも非難も否定もからかいも侮蔑も差別も受けない世界です。

 

僕が望むのは、

LGBT当事者と非当事者が二分され、混じり合わない二つの物が共生を目指すLGBT共生社会ではなく、

LGBTという言葉が無くなり、すべてのジェンダー・セクシャリティが垣根なく混じり合うLGBT社会です。

 

それは相手をゲイのA君、レズビアンのBさん、ノンケのCさんではなく

あくまでただの丸ごとの一人の人間として、その人自身として尊重することだと思うのです。

海外のLGBT事情まとめ 同性婚が認められている国 差別の根強い国

僕は「僕」として、あなたは「あなた」として

LGBTはまだまだ特異なことで、特別なことで、乗り越えなくてはいけない壁で、

LGBTに生まれてしまった人は「かわいそう」だと思われています。

 

障害や疾患に対しても同じことが言えるでしょう。

 

僕はXジェンダーを名乗っている女性愛者ですが、Xジェンダーという言葉も、レズビアン・女性愛者という言葉も、まったく僕の本質を言い表してはいません。

 

僕は「僕」という人間です。

あなたは「あなた」という人間です。

僕はそういう世界を生きていきたいのです。

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す