Xジェンダーのカミングアウトはむずかしい!

   
スポンサーリンク

こんにちは!FtXブロガーのreiji(れいじ)です!

 

こちらのツイート、当事者間でじわっと反響がありました。

 

REIJI

Xジェンダーのカミングアウトがなぜ難しいのか。

僕たちXジェンダーはカミングアウトとどう向き合うべきなのか。

今日はこの2つのことについてお話します。

Xジェンダーのカミングアウトはなぜ難しいのか?

Xジェンダーというものがそもそも知られていない

カミングアウトの一つ目の関門はこれです。

そもそもXジェンダーというものが世の中に認知されていない。

そのため

Xジェンダーの人がどのような状態にあるのか、なかなか理解してもらえないんですよね。

 

僕もLGBT当事者以外で

Xジェンダー?聞いたことない。。。

以外の反応に出会ったことないです。今のとこ。

 

 

Xジェンダー自体が比較的新しい性の概念だということもありますが、

LGBTと深く関わったことのない世間一般が理解してるのは、

  • レズビアン=女性を愛する女性。
  • ゲイ=男性を愛する男性。
  • 性同一性障害=反対の性別への性転換を望む人。

とせいぜいここまで。

 

そのテンプレート外の性別の在り方については、認知すらしていないと感じることもままあります。

 

セクシュアリティは、L・G・B・Tですべてではありません。

  • 治療をせずに暮らしている性同一性障害者
  • 男性、女性以外の性自認(Xジェンダーなど)を持つ人
  • FtMゲイ
  • MtFレズビアン

などなど、性自認と性的指向の掛け合わせの数だけ、セクシュアリティは存在します。

 

既存の枠組みでカテゴライズできないセクシュアリティもたくさんあるのです。

REIJI
ゲイとオネエと性同一性障害。

違いを説明できますか?

 

当サイト「ボクイキ」はそんな説明しづらいXジェンダーを社会に伝える試みを行っています。

カミングアウトのために使い倒していいからね!

カミングアウトの先のあいまいさ

世間はどうも、カミングアウトの先でどうしたいのか?ということを求めているようです。

これが冒頭の僕のツイート、

REIJI
Xジェンダーなんだ
・・・・・・で?

につながるわけですね。

 

逆に言うと、レズビアン・ゲイ・性同一性障害にはカミングアウトの先、つまり「で?」の先があるんです。

  • 同性を愛したい
  • 反対の性別になりたい

だから葛藤も想像しやすいし、納得できなくても現象として理解はできる。

 

では、Xジェンダーの「で?」の先は何かというと、

  • 必ずしも性別適合治療を必要としない。
  • 性的指向が同性でない場合もあり。

 

この辺が一般的には理解しづらいところなんでしょう。

治療もしない・同性愛でもないならわざわざXジェンダーって言う必要ないじゃん

ていう。

 

ただ間違いなく言えるのは、僕たちXジェンダーは生まれたときに与えられた男性/女性の性別では生きられなかったということ。

  • 与えられた性別に対する違和感はある。
  • かといって反対の性別になるための強い意志を持った性同一性障害のコミュニティにも属せない。
  • 男でも女でもないXジェンダーという立ち位置から、同性愛とは微妙に異なり、レズビアン・ゲイのコミュニティに行っても「?」が浮かぶ。

 

このような体験をしてきている当事者は多いです。

そのため数あるセクシュアリティのなかでも、Xジェンダーは所属感を求める気持ちが特に強いように感じます。

 

治療を行う場合でも、完全な女性/男性になることが目的でないため、

テンプレートな男性・女性の区分に分けられない人が多いのがXジェンダーの特徴でもあります。

 

思い込みでは?という誤解。思い込みと思われることの怖さ

 

セクシュアリティというものは、実体としての現象ではなく、頭の中で起こっていることです。

なので

思い込みじゃないの?

と言われた日には、僕らに反論する術はないんですよね。

 

触ることのできる実体としての証明を提出することができないから、それ以上何も言えなくなっちゃう。

REIJI
こういう発言は本当にコミュニケーションの断絶だよなーと感じます。

 

「思い込みなんじゃないか」ってのは、実はセクシュアルマイノリティである僕たち自身が散々自分にも問い掛けてきたことです。

なのでそういう反応が来ることは当然予測できる。

それが怖くてカミングアウトに踏み切れないということは多分にありますね。

 

しかしこちらの本(日本におけるおそらく唯一のXジェンダーに関する解説書)では、

性自認は「思考」ではなく「感覚」

であることが指摘されています。

 

つまり、Xジェンダーであることは、

自分の意思ではどうにもできないことであり、思い込みでも嘘でも欺瞞でもないのです。

REIJI
あなたの思いは嘘じゃないよ

カミングアウトは必要か?

治療による外見の大きな変化を生じないことも多いXジェンダーは、場合によっては簡単に埋没できてしまいます。

カミングアウトはそもそも必要なこと、なのでしょうか?

 

Xジェンダーが所属感を求める気持ちが強いことはすでに書いた通り。

Xジェンダーという言葉が現れ、その分類と分析が少しずつではあるけれど進んできたことで、カテゴライズの最大目的である「所属を与えること」は、すでに達成されています。

 

しかしそれでもなお、カミングアウトには大きな意味があります。

 

マズローの欲求5段階説というものをご存知でしょうか。

「安全である」、「所属する」という低次の欲求が満たされると、

より高次の「表明」、「自己実現」への欲求があらわれます。

ありのままの自分を分かってもらいたいと思うようになるのです。

 

実は、カミングアウトの本質もここにあります。

人はただ生存しているだけでは生きていけません。

誰かに認められ、愛され、あるいは「私という人物」を偽りなく表明することが不可欠です。

これらの自尊感情が充足されることは、人生の質と大いに結びついています。

 

なので

たとえ具体的な治療をしないとしても、

恋愛対象が(身体の)同性でないとしても、

他のセクシュアリティの場合と同じく、Xジェンダーのカミングアウトには大きな意味がある。

のです。

 

REIJI
「僕が僕であること」=「いちXジェンダーとして生きたこと」を、一人でも多くの人に知ってもらいたい。

カミングアウトのために

会う人全員に自分のセクシャリティを表明する必要はもちろんないのですが、

ありのままの自分でいられる場所はこの世のどこかに必ず必要だと僕は思ってます。

そういうコミュニティを作ることが僕の達成したい夢の一つではあるのですが、

 

カミングアウトの前提として、まずは

  • Xである自分を許可する・認める
  • Xである自分を愛する

ことから始めてみてください。

 

きっと少しずつ道が開けてくるはずです。

 

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す