初心者がブログを始めるには何が必要? レンタルサーバーや収益化の詳細解説も

   
スポンサーリンク
REIJI
さあ!ブログを始めよう!

とは言っても、広大なウェブの世界から自分にとって本当に必要な情報を収集するのはとても大変。

そんな人のために、僕がブログを始めたばかりの頃、知りたかった情報についてまとめます。

そもそもブログってなに?

ブログとはウェブ上の記録=ウェブログの略です。

 

個人的な日記を公開することも勿論できますが、

現在ほとんどのブログが「ユーザーにとって有益なコンテンツを発信すること」を目的に制作されています。

用語解説

ユーザー・・・インターネットを介してサイトに訪れてくる人

コンテンツ・・・サイトの中に設置されている一つひとつのページや記事

 

そしてブログの主な方向性は、

  1. ファンビジネス
  2. アフィリエイト
  3. キュレーション
  4. ノウハウ提供

の4つです。

①ファンビジネス

ブロガー自身のキャラクター、コンテンツの面白さで勝負する。

八木仁平オフィシャルブログまじまじぱーてぃーニシキドアヤトのブログなど。

②アフィリエイト

商品を紹介し広告収入を得る。

大人ニキビくんさようなら清水さん家のウォーターサーバー生活For you 女子など。

③キュレーション

ニュースなど、他サイトの情報を集積する。

NEVERまとめはてなブックマークなど。

④ノウハウ提供

知識や方法を解説する。

バズ部コビトブログなど。

 

これら4つのベクトルは、きれいに分けられるものとは限らず、ひとつのサイトの中に複合的に存在している場合もあります。

ブログがお金を稼ぐ仕組み

「ブログ」というものは収益になります。

ブログはお金が稼げるのです。

働かなくても、一生勝手にお金を稼ぎ続けてくれる資産=貯金箱となってくれるかもしれない。

これがブログの可能性です。

 

そしてブログは、主には次の2つの方法によって収益を発生させることができます。

  1. Google adsense
  2. アフィリエイト

Google adsense

Google adsense」とは、文字通りグーグルが提供している広告サービスのことで、

出稿されている広告を自分のサイトに貼ることによって、広告主からの収益を得ることができます。

 

広告を貼るだけで収益が発生するため、手軽で、多くのサイトが利用しています。

pv数(ユーザーが見てくれたサイト内のページ数)が上がるにつれて、一定の収益を上げてくれるでしょう。

 

ただし、Google adsenseには審査があります。

審査に受かるためのポイントは、こちらの記事で解説しています。

[検証]申請からわずか1日でGoogle Adsenseの審査に合格した理由と全戦略

 

また規約違反をすると、広告停止のみならずアカウントの一発停止も有り得るため、

グーグルアドセンスのプログラムポリシーには一度しっかり目を通しておくようにしましょう。

Adsense プログラムポリシー

アフィリエイト

アフィリエイトは、

ある商品のレビューや解説記事を書いて、ユーザーがその記事を見て商品を購入してくれた場合に、広告主(商品を販売してくれる会社)からの収益を得る仕組みです。

ASPというサービスに登録することで、利用することができます。

用語解説

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)・・・アフィリエイターと広告主とを結び付けてくれるサービス

 

現在大手のASPと言えば、

<スポンサーリンク リンクをクリックすると該当ページに飛びます>

バリューコマース

A8.net

Amazon アソシエイト

があります。

 

まずはこの辺から登録してみましょう。

ブログ主体にしろ、アフィリエイト主体にしろ、収益化の基本となってくれるでしょう。

ブログってどうやって開設するの?

はじめてブログを開設するときには、必要なものが2つあります。

  • ドメイン
  • サーバー

ドメインについて

ドメインとは、サイトを開いたときにブラウザの上の方に表示されているあいつのことです。

 

ウェブ上にそのサイトがどこにあるのかを示す住所のようなものと理解してください。

 

ブログを開設する場合、

  • 無料ドメイン
  • 独自ドメイン

のどちらかを用意することになります。

 

無料ドメインは、

アメーバブログ、ライブドアブログ、FC2ブログなどの、無料のブログサービスを利用することで取得できます。

 

対して独自ドメインは、

世界に一つだけしかない、あなただけのオリジナルの住所です。

この場合、独自ドメインを提供している会社から、独自ドメインを購入することになります。

 

無料ドメインと独自ドメイン。どっちを選べばいいの?

REIJI
収益化を目指すのであれば、独自ドメイン一択でしょう。

<無料ドメインのデメリット>

1.ブログサービスがポシャったら終了

無料ドメインは、アメーバブログならサイバーエージェント、ライブドアブログならライブドアという会社に住所(ドメイン)を借りている状態です。

その会社が潰れたり、サービスの提供を中止したり、あるいはあなたが意図せずブログサービスの禁則事項に抵触してしまった場合、せっかく作ったブログが一瞬で消し飛ぶ恐れがあります。

対して独自ドメインは、外部サービスに頼らない固有の住所なので、自分でサイトを消さない限り半永久的に存在し続けます。

2.Google adsenseが利用できない

2017年9月現在、Google adsenseの審査に合格するには、独自ドメインであることが必須です。
無料ドメインはほぼ審査に通りません。

収益化の方法はアドセンスだけではありませんが、
前述のとおり、貼り付けるだけで収益を得られることから、収益化の基本ツールであることには変わりありませんから、アドセンスを利用したいなら独自ドメインを選択しましょう。

 

<ドメイン名の決め方>

独自ドメインは、自分で好きな文字列をドメイン名に選ぶことができます。

とはいえ、あまり突飛なものはSEOの面からもやめたほうがいいでしょう。

たいていは、

  • http://○○.com
  • http://○○.jp
  • http://○○.net

の中から自分の好みに合うものを選び、○○の部分は、サイトの名前やアカウントの名前からシンプルな文字列を設定します。

ただし、他の人がすでに使っているドメイン名は使うことができません。

ドメイン名は一度決めたら変えることができないので、慎重に設定するようにしましょう。

サーバーについて

サーバーとは、制作したコンテンツを貯めておく倉庫のようなものです。

これも選択肢が2つあります。

  • はてなブログを利用する。
  • レンタルサーバーを借りてWorpressを利用する。

特徴を比べてみましょう。

はてなブログ レンタルサーバー+Wordpress
無料 有料
サーバーと独自ドメインが一気に無料で取得できる サーバーのレンタルに加え独自ドメインの購入が必要。
(キャンペーンによって無料取得できる場合もあり)
htmlやcssの知識がなくてもサイトが作れるが、カスタマイズ性は低い。 ある程度のhtml、cssの知識が必要だが、カスタマイズ性は高い。
便利な無料プラグインが多数用意されている。
はてなブログ同士の連携が強く、バズりやすい。
ドメインにはじめからある程度強さがある。
ドメインが育つまでに一定の時間がかかる

 

当サイト ボクイキでは、レンタルサーバー+Wordpressを使っています。

 

レンタルサーバーを利用する場合、主なものはこちらです

<スポンサーリンク リンクをクリックすると該当ページに飛べます>

wordpressの自動インストールに対応したレンタルサーバーの料金表はこちら。

サーバー名 月額料金 初期費用
エックスサーバー 1080円~ 3240円
お名前.com 972円~ 無料
さくらサーバー 515円~ 1029円
ロリポップ!
(スタンダードプラン)
500円~ 1500円

 

ブログを長く運営していきたいのであれば、サーバーの安定性は重要。

ボクイキでは、エックスサーバーを利用しています。

 

エックスサーバーを選択した理由としては、

  • 大手レンタルサーバー会社であり、スペックが保証されている
  • バックアップサービスがある

という2点。

<スポンサーリンク>


暇モアイさんのブログからですが、

こんなこと(ブログが消し飛んだので、僕も消し飛ぼうかと思った誕生日前夜)にならないように、万全のフォローアップがあるサーバーを選ぶようにしましょう。

分からないことがあった時にいつでも聞けるのも、大手のメリットです。

まとめ

ブログで稼ぐにはこのルートです。

はてなブログなら無料で始められるので、興味がある人はやってみてもいいかもしれません。

 

自分でカスタマイズとかガンガンしたい人はwordpressにしましょう。

僕はwordpressから始めましたが、編集作業もこっちの方が楽しいと感じてます。

世の中的にはSSL化とかの点でも、はてなからwordpressへ移行してる流れですね~。

 

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す