金谷のコワーキングスペースまるもに行って人生を変えるきっかけをつかんだ話

   
スポンサーリンク

こんにちは!FtXブロガーのreijiです!

 

 

金谷のコワーキングスペースまるもにやってきました!!

 

まるもってなに?という人のために

公式サイトより 金谷のコミュニティスペース まるも  概要

概要
まるもってなんだろう?

コミュニティスペース「まるも」がどんな場所か、を一言で説明するのはすごく難しいです。

コワーキングスペースとして、フリーランスを中心に仕事をする場所でもある。

コミュニティスペースとして、移住者やまるもに興味を持った人たちが交流する場所でもある。

合宿スペースとして、都内を中心とした企業が開発合宿など集中して作業する場所でもある。

こういったいろんな側面を持ったスペースです。

まるもを知ったきっかけ

僕がまるもを知ったのは、「ふじさわブログ」を運営されているプロブロガーの藤沢篤@fujisawatsushiさん経由でした。

 

もともとファンでブログを読ませていただいていたのですが、ある日目にしたのがこの記事です。

クラウドファンディング参加しています!ふじさわのコンサルを受けるチャンス!

 

ずっと憧れていた藤沢さんに会えるかもしれない。

しかも自分のブログにアドバイスをしてもらえるかもしれない。

REIJI
このチャンスを逃したら絶対後悔する。

 

なぜか強くそう思った僕。

夜勤明けの深夜3時。

気づけば朦朧とした頭で申し込みをしていました。

まるもって一体なんだ?

藤沢さんのブログコンサルは、こちらのクラウドファンディングのリターンでした。

まるものトイレ改修を通して人生の選択肢を提示したい!

 

申し込みをしたとき、まるもについて僕はほとんど知りませんでした。

  • ブロガーやフリーランスを目指す人たちがなんか集まってわいわい暮らしているらしい。
  • 田舎フリーランス養成講座という楽しげな合宿がおこなわれているらしい。
  • トイレがめっちゃ汚くてクラウドファンディングを開始したらしい。

 

という断片的な情報とツイッターのタイムラインを見ながら、

REIJI
いーなー。なんか楽しそうだな?

と思いながら当日をわくわくどきどきしながら待っていました。

 

新しい場所に飛び込む緊張の方が強かったかな(笑)。

でもぶっちゃけ言ってめっちゃ楽しかった!!

もっと早くまるもを知りたかったです。

滞在の様子

藤沢さんのブログコンサルについては、別の記事にします。

この記事ではすごく楽しかった滞在中の様子をちょこっと。

近くの公園でバレーとスラックライン。

芝生の上で大人たちがみんな裸足。

青春再放送ww

突然始まる小劇。

朝活。

まるもは肯定してくれる

持てるものなんか何もないんで、恥ずかしいくらいのコミュ力の低さで丸腰で飛び込んだまるも。

 

ちょうど同じ日にまるもに外部から来る人が僕含め四人いたり、

田舎フリーランス養成講座開催中だったりして受講生の方に話しかけていただいたり、

店長ののんちゃん@robotenglish さんとlgbt関連の話がちょっとできたり、本当にありがとうございます。

濃密かつ刺激的な時間でした。

 

まるもって、なんかすごく否定のない場所だな、と感じました。

色んな働き方の人がいて、生き方の人がいて、否定はしないし、まあこんな奴もいるよ、みたいな景色のひとつとして認識してる感じ。

 

景色ならそこにネガティブもポジティブも感情は生じ得ないですよね。

まるもに浸透してる相互理解の感覚は、決して依存関係ではなく、いい意味での孤立、個は個という達観、あるいは割り切りであるのかもしれません。

 

何人かの方にブログ?フリーランス?いいじゃん!と言ってもらえたのも、もの凄く嬉しかったです。

今まで自分の選ぼうとしてる曖昧な進路について、肯定的な言葉をかけてもらえたことなんて一度もなかったので。

 

xジェンダーのことにしても、当事者コミュニティ以外でここまで開けっぴろげにしたのは初めて。

なんも隠さなくていいのがすげー楽でした。

 

突っ込んでいいのかな?みたいな空気も若干感じましたが、全然いいんです。

むしろイジってもらっていいんです^ ^

僕らLGBTやセクシャルマイノリティにとって、一番怖いのは、語られなくなること、タブーにされること、いないことにされることだと僕は思ってます。

 

自分の中で、自分のジェンダーを受け入れられてない方もいらっしゃるのが難しいところではあるんですけど、僕に関しては何聞いてもらっても全然構わないです。

まるもに来て、人生を変えたいと思った

もし許されるなら、今の仕事を辞めた後、ここに来て100%の力を自分の夢とブログに捧げたい。

延命のためのクリニック勤めも、保険や年金とかの現実的で大切なこと、でもほんとはクソつまんないと思ってた大人の理屈も全部放り出して、夢に向かって突っ走りたい。

藤沢さんの前でしてしまった、本当は言いたくなかった「時間がない」という言い訳を取り戻したい。

僕の時間の全部を懸けて死に物狂いになりたい。

 

僕はなんにも持たない人間です。

どうしようもないコミュ障です。

弱い人間だという自覚があります。

だからこそ未来に展望が見えなくて、今までどこか自暴自棄に流されるように生きてきて、後悔したこともたくさんありました。

 

だけど、言葉に出会って、ブログに出会って、

紙の上(ウェブの上?)では、自分がこんなに饒舌で伝えたいことを抱えてたんだということを知りました。

言葉を書く楽しさを知りました。

自分の言葉に誰かが反応してくれる楽しさを知りました。

僕が本当はこんな人間だってことを、初めて誰かに分かって欲しい、初めてリアルで人と関わりたいと思えたんです。

 

そういうもののために、安定や将来や人生そのものを投げ打ってでも挑む価値はきっとあるんじゃないだろうか。

そういうもののためじゃなければ、僕は生きていけない人間なんじゃないだろうか。

 

REIJI
もしも言葉を書くために生きていいのなら、僕は全部を捧げたい。

まるもに来て、心から感じたことです。

 

ぜひまた来たい!

今度来るときは地元信州の地酒など持って行きます!

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す