性的指向と性自認って違うの? 僕らの性と生について

   
スポンサーリンク

こんにちは!FtXブロガーのreiji(れいじ)です!

 

今日は当事者である僕たちにとっても、

意外と分かりにくい性別のお話を画像多めでお送りします。

 

LGBTQの基本、性的指向と性自認についてはこのページで完璧!

では行ってみましょう。

性的指向と性自認

性別の分類の仕方には、性的指向性自認の2つがあります。

性的指向

性的指向は簡単に言うと、「どの性別の人を好きになるか」ということ。

異性愛者、同性愛者(レズビアンやゲイ)といった言葉はこの分類に当てはまります。

 

他にも

  • バイセクシャル(両性愛者)・・・女性も男性も好きになる。
  • パンセクシャル(全性愛者)・・・好きになる人は性別によらない。
  • ノンセクシャル(非性愛者)・・・他人に対する恋愛感情は持つが性的欲求はない。
  • アセクシャル(無性愛者)・・・他人に対する恋愛感情を持たない。

などもこの性的指向の分類ですね。

性自認

続いて性自認について。

これは、「本人が自覚している自分の性別」のことです。

 

あなたは自分のことを女性だと思っていますか?男性だと思っていますか?

その感覚が性自認です。

 

迷いなく答えられる人は幸せだなあと思いますが、世の中には男性、女性の枠に収まらない性別を自認している人たちもいます。

トランスジェンダー(性別超越者)という、生まれた時の(生物学的な)性別とは違う性別を自認する人たちのことです。

FtM・・・生物学的には女性、性自認は男性

MtF・・・生物学的には男性、性自認は女性

 

男性・女性の身体に生まれてXジェンダーを自認している僕たちも、

MtX、もしくはFtXとして、トランスジェンダーの中に含まれるわけです。

性的指向と性自認は別物!

ここが理解しておいてほしいところで、性的指向と性自認は別物です。

 

おさらいしてみましょう。

性的指向は、どの性別の人を好きになるか

性自認は、本人が自覚している自分の性別のこと

でしたよね?

 

それぞれは全く別の概念であり分類方法です。

ですから、

FtMゲイ(生まれた時の性別は女性だけど性自認は男性で男性を好きになる)や、

MtFビアン(生まれた時の性別は男性だけど性自認は女性で女性を好きになる)なんてちょっとややこしい場合もあり得るし、

ゲイ=オネエや、「レズビアンカップルは片方が男装をしている」というのは大きな大きな間違いなのです。

 

 

2013年、元宝塚俳優の東小雪さん、ひろこさんカップルが、ディズニーランドで挙式をしたいと問い合わせたとき、

ディズニー側から「片方がタキシードを着るならOK」という返答をされたことがニュースになったことがあります。

 

でも、「同性カップルだけど異性カップルの振りすれば挙式していいよ」っていうのは、小雪さんも言ってるように同性愛を認めてもらえていないのと同じですよね。

 

最終的にお二人は要望を理解してもらい、無事花嫁二人のとても素敵な式を挙げることができたようです。

 

このエピソードが示しているのは、

僕たちって自分から声を挙げなきゃ性自認と性的指向の違いすら理解してもらえないんだな、ということ。

 

ディズニー側の最初の対応(片方タキシード着ればOK)に対しての当事者の怒りも最もだと思いますけど、

考えてみると、今までLGBTQの人に会ったことがない人たちには分からない話なんですよね。

 

こちらの記事「鬼才はらだの描くヤンデレ『にいちゃん』が凄い 未熟な僕らの間違った愛について」でもマツコさんの言葉を引用してます。

石を投げられたら、投げ返してやればいいだけの話。

 

そうじゃなくて悪意なき無理解(今回みたいに同性愛者=トランスジェンダーみたいな誤解から出た発言)に対しては、当事者の僕たちはもっと対話をして自分たちの情報を発信していかなければならないなぁ、と思う次第です。

 

同時に初めてLGBTQに触れる人たちも、もっと正しい情報を自分たちで検索して僕たちのことを知ろうとしてほしいですね。

性が多様化したら、世界はきっともっと面白くなる。

ここまで、性別の分類について紹介してきましたが、分類はあくまで分類です。

僕たち当事者の立ち位置を分かりやすく説明するだけの名前(カテゴライズ)に過ぎない。

 

でも人間って、そんなはっきりカテゴライズできるわけじゃないですよね?

「中学生」も「高校生」も「社会人」も「大人」も「子供」も

「看護師」も「公務員」も「会社員」も「ブロガー」も

その人の一部分ではあるけれど、決してその人の本質を言い表してはいない。

 

さらに言えば、カテゴライズにはグラデーションがあります。

一口に社会人と言っても、フルタイムで働く人もパートで働く人も自営業も会社員もいます。

ブロガーにも、副業ブロガーも本業ブロガーもいるし、その内容もコンテンツ中心であったりアフィリエイター、せどりもや投資家もいて実に多様。

 

性別も同じです。

僕はXジェンダーですが、Xジェンダーにも中性寄り・無性寄り・両性寄りと人によって立ち位置は様々で、

身体治療を望むXも望まないXもいますが、治療を望む場合でもどこまで、あるいはどこを治療したいか(ホルモン治療、胸オペ、内摘etc…)もその人によって様々です。

(関連記事:[GID] 性別は変えられる! だけど・・・ここが変だよ⁉ 性同一性障害特例法)

 

だから僕は、

REIJI
性別をカテゴライズしようとするのなんか、くっだんねーな!

と声を大にして言いたい。

 

男も女もぐっちゃぐっちゃになってみんなしたい格好すればいいし、性別が何だろうと好きな人を好きになればいいのに。

スカート着てる男の人もドラァグクイーンも男装王子も性別適合治療をしたトランスジェンダーの人たちもレズビアンもゲイもバイもみんなみんな超絶クール。

だって自分が自分であるために、命も人生も懸けて戦ってるんだもん。

 

性がもっと多様で自由になって男も女も訳わかんなくなってそれが普通になったら、世界はもっと面白くなると思うのに。

今んとこノープランですがわりと本気ですので、サポーター同調者もろもろの方はフォローDM、お問い合わせページからの連絡などいただければ必ず返信いたします。

twitterアカウントはこちら

 

以上、reiji(れいじ)でした!

 

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す