ブロガーが独立するまでにやるべきこと 畜生、退職まで8ヵ月もあるよ!

   
スポンサーリンク

畜生!退職までまだ8ヵ月もあるよ!orz

要は奨学金の返済代わりに3年間働けよってやつです。

僕は新卒で看護師になったので、そのお礼奉公が終わるのが来年の3月というわけ。

 

3月・・・・・・!!

 

でも辞める意思は上司に伝えてあります。

あとは社畜期間を乗り切るだけだ。

 

しかしノマドやフリーランスへの移行期にある僕たちにとって、なまじ辞めることが決定してるだけに、それまでの社畜期間はまさに生き地獄です。

なのでその期間を上手に乗り切れるように、ブロガーが独立するまでにやるべきことについてまとめてみました。

 

成功してる人たちからのウダウダしてないで早く辞めろ的ディスりは受け付けませんからね!

ブログを書く

社畜期間を乗り切るためにも、ブログを書いて書いて書きまくるしかないです。

フリーランスとして独立する前にある程度の収入源を確立しておくためにもね。

 

社畜のブログがつまらないとは尊敬する某高知移住ブロガーの言葉ですが、

社畜をやめてなにかを成し遂げようとするなら(別に壮大な夢でなくても行きたい国があるとか好きなだけ本を読む生活がしたいとか何でもいいのですが)、

その成し遂げたいなにかのためにもがいてる今だからこそ書けるものがあるはずです。

 

「社畜辞めてえ・・・」も実現予定のないただの愚痴なら耳を貸す人はいません。

けどそこに目指すべきビジョンとイズムがあるなら、社畜の今しかできないノウハウ提供は、同じように社畜脱却のために七転八倒する人に届くでしょう。

だから僕は書きますとも。

 

さらに言えば自分の思いを言語化することって、すげえ快感だし強力なストレスマネジメントなんですよね。

実際僕は、ブログを始めてから自分の精神がとても安定してるのを肌で感じてます。

これはやって実感すべし。

退職前と退職後にやっておくことを知る

フリーランスで独立することが決まっているなら、これはとても重要。

同時に、具体的に動き出すことが社畜人メンタルを保ってもくれます。

 

そして手続き自体はとても分かりづらいので、めんどくせえええって人のためにチェックリストをPDFファイルにもまとめました。

個人利用は無料!再配布禁止!

PDF ブロガーが独立するまでにやるべきこと

 

では詳しい解説です。

退職前にやっておくこと

退職前にやっておくべきこととしては、

  • ビジネス用のクレジットカードの審査を通す
  • ビジネス用の銀行口座を作る
  • ローン組みや賃貸契約など不動産関連の契約を済ませる

 

社畜がその身を犠牲にして買っているのは、社会的信用です。

開業したてのフリーランスは収入も安定していませんから、クレジットカードの審査などは通ることが難しい.。

社畜の身分を大いに利用して、今のうちに準備をしておきましょう。

退職後にやること

退職後にやることは、大きく分けて以下の3つです。

  • 健康保険の切り替えをする
  • 国民年金に加入する
  • 開業手続きをする

 

☑健康保険の切り替えをする

会社員の内は会社の社会保険というものに加入していますが、退職したらその切り替えを行う必要があります。

退職後の健康保険に関する選択肢は次の2つ。

①国民健康保険に加入する。もしくは②会社の任意保険を継続する

 

①国民健康保険に加入する場合は、退職日の翌日から14日以内市町村窓口に届け出ます。

持ち物は健康保険の資格喪失証明書印鑑身分証明書です。

 

②会社の任意保険を継続する場合は、退職日の翌日から20日以内に自分の居住地域を管轄する協会けんぽの支部に届け出ます。

任意継続被保険者資格取得申出書(ダウンロード先:全国健康保険協会 任意継続被保険者資格取得申出書)を用意しましょう。

 

任意保険の継続の場合では、会社が半額負担してくれていた分を自分で支払わなくてはならなくなるため、保険料は今までの倍かかります。

ちなみに、社会保険の任意継続の適用期間は2年間ですので、それ以降は上記の国民健康保険に加入することになります。

 

☑国民年金に加入する

年金の加入者には、第1号被保険者(自営業や学生)、第2号被保険者(会社員や公務員)、第3号被保険者(妻や子など第2号被保険者に扶養されている者)の3種類があります。

 

フリーランス(個人事業主)として独立する場合には、第2号被保険者から第1号被保険者への切り替えをしなくてはいけません。

つまり厚生年金から国民年金への切り替えですね。

 

手続きとしては、退職の翌日から14日以内各市町村役所の国民年金窓口で届出をします。

持ち物は年金手帳印鑑退職日を確認できる書類(離職票など)です。

 

☑開業手続きをする

今回は個人事業主として独立する場合を想定しています。

事業が軌道に乗り出したら法人化を考えてもいいでしょう。

 

個人事業を開業したら、「個人事業の開業・廃業等届出書」というものを開業日から1か月以内所轄の税務署に提出します。

ダウンロード先:個人事業の開業届出・廃業届出等手続(国税庁HP)

 

また所得税を納めるために、「所得税の青色申告承認申請書」を、開業日から2ヶ月以内(1月1日~1月15日までに開業した場合はその年の3月15日まで)にやはり所轄の税務署に提出します。

ダウンロード先:所得税の青色申告承認申請手続(国税庁HP)

 

<PR>
青色申告なら、全部無料で使えるこちらがおすすめです。

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上、ブロガーが独立するまでにやるべきことでした。

社畜マジ辛いですけど、独立までの手順を明確化してみると、フリーランスという選択肢が一気に現実的になってきますね。

 

一緒に社畜期間を乗り切りましょう!

 

PDF ブロガーが独立するまでにやるべきこと

 

 

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す