嫉妬で狂いそうになるほど面白い おすすめのブログ10選

   
スポンサーリンク

良いブログというのは嫉妬に狂いそうになる半面、僕もやらな!という使命感を強く燃え上がらせてくれます。

今日はそんな、僕が目標としている本当に面白いブログを10サイト紹介します。

どれもマジで読み応えがあって嫉妬で気が狂いそうになるので用法用量にご注意。

サイトを作ったら改善点をチェック! アフィログ

アフィログ

アフィリエイトとサイト運営で月収100万円を達成しているというウィズさんによるブログ。

 

アフィリエイトだけでなくサイト作りのノウハウについてかなり詳細に書かれています。

このサイトを見るだけで、自分のサイトにかなりの改善点が見つかるのではないでしょうか。

 

Googleアナリティクスのクローラーをたった数秒で除外する方法

とか、あっこれやってなかったわっていうのが意外とある。

 

かわいい&ストレスのないサイトデザインも見習いたいところ。

REIJI
コーディング上手だなー

ネットビジネスを始めるならこれを見ろ! ヒキコモリズム.COM

ヒキコモリズム.COM

ネットでの稼ぎ方はこちらのサイトに全部書いてあります。

僕の目指したいところを丁寧に解説してくれてるなぁーと感じます。

 

つまりね、働きたくないんですよ。(爆)

世間が要求するような社畜じみた働き方は絶対にしたくない。

そういう人が、いかに社会の束縛から逃れて、かつ責務を果たしつつ自由とお金を手にするかについてのノウハウを構築してくれています。

 

ひきこもりながら稼ぐ方法を知りたい人にとっては、欲しい情報の宝庫。

ちなみに毒舌です(笑

コンテンツSEOの神サイト バズ部

バズ部

コンテンツSEOに関しては、こちらのサイトを参考にしましょう。

ブログをやるなら全記事読んでおくべき。

 

ウェブサイトというものが

  • どのような仕組みで成り立っていて、
  • どのように検索エンジンに評価され、
  • どのように成果を上げていくのか。

非常に詳しく解説されています。

 

バズ部さんの実践論をすべて実行すれば、正規の方法で着実に成果を上げることができるでしょう。

Webサイト作りの公式教科書 サルワカ

サルワカ

こちらのサイトは、webサイト作りとは何か美しいwebデザインとは何かを初心者にも分かりやすく楽しく教えてくれるだけでなく、サイトそのものの作りやデザインが本当に美しい。

どこに何があるか一目でよく分かり、アイキャッチ画像やリンクボタンも思わずクリックしたくなる仕組みが盛りだくさん。

 

じっくりと読み込みたいとっても勉強になるブログです。

初心者から中・上級者にもおすすめ。

 

先日リリースされたwordpressのテーマ「SANGO」は非常に話題になっていますね。

う~ん、美しい。

やっぱwordpressでサイト作るのは楽しいんですよねえ。

 

テーマ厨にはこちらの記事もおすすめ。

【2017年版】おすすめのWordPressテーマ51選:無料と有料まとめて紹介

実力で人生を切り開くノウハウを学ぶ こぶろぐ

こぶろぐ

コワーキングスペースまるもに在住中の小太りさんによるブログ。

 

田舎フリーランス養成講座やフリーランスコミュニティ「Pont!」の運営にも関わっている方。

どちらもフリーランサーとして自分の人生を生きていきたい人にはとても面白いコンテンツになっています。

必見。

 

ブログというものは「何を書くか」ではなく「何をしたか」なんですよね。

やっぱり実際に人生を動かし続けている人の書くものは面白いです。

 

一押し記事はこちら。

企画立案から集客まで!イベント運営のノウハウを公開

人生には夢を見よう。人を惹きつけてやまない ふじさわブログ

ふじさわブログ

絶賛世界一周中の藤沢篤さんによるブログ。

プロブロガーとしてブログで生計を立てているだけでなく、電子書籍も何冊も出版されています。

 

こちらの本、ブログで食べていきたい人はぜひ一読を。

夢を掻き立てられます。

 

ブロペディアという日本中のブロガーを網羅した興味深いコンテンツも制作されています。

 

そして実は僕、この間藤沢さんに会ってます。

なんとマンツーマンブログコンサルをしていただいたのです!

告白気味の若干気持ち悪い記事はこちら

プロブロガーの藤沢篤さんのマンツーマンブログコンサルを受けてきた!

2017.09.15

心が温かくなるゆるふわブログ はなうた横丁

はなうた横丁

何を隠そう、僕がはじめてブログという世界を知ったのは、しみさんの「はなうた横丁」がきっかけでした。

しみさんのブログの好きなところは、人を傷つけないところ

 

傷つけない」と口で言うのは簡単だけど、言葉という道具を使っている以上それを体現するのはとても難しい。

傷つけないことに気を使うあまり、結局誰にも刺さらない媚を売った文章を作ってしまうことにもなりかねないからです。

 

そのため多くのブログがユーザーに刺さることを第一優先にして尖った言葉を使い、ユーザーへの配慮は二の次になっています。

そんな一方で、誰も傷つけないかつ刺さる文章を自然体でやってのけるしみさんほんとすごい。尊敬してます。

文体がとっても温かいんですよね。

発信力こそ命! 八木仁平オフィシャルブログ

八木仁平オフィシャルブログ

このサイトは有名ですね。

ブログを書いている八木仁平さんは、早稲田大学卒業後いきなりフリーランスになるという異色の経歴の持ち主。

 

フリーランスとしての働き方をメインにしながら、キャンピングカー生活SMバー体験など色々な面白いことにも挑戦した記事を書かれています。

自分の番組を放映するYoutubeと方向性が似ているかもしれません。

 

このブログの見習いたいところは、とどまることを知らない向上心そしてアップデート精神

ブロガーという仕事はネットを相手にしている以上、常に最先端でなければいけないし、自分をアップデートし続ければならないし、挑戦し続けなければなりません。

 

それを実行できているブロガーって実はとても少ないのが現状。

逆に言えば、実行できているブロガーだけが成功しているともいえます。

 

そして読み物としてもとても面白い。

ネタに命張り過ぎ感が素敵です。

クソ真面目ゲスブロガーが作る独特世界 まじまじぱーてぃー

まじまじぱーてぃー

クソ真面目ゲスブロガー(なんだそりゃw)あんちゃさんのブログ。

女性で顔出しあり、下ネタ大好きというブロガー界にきらめく星。

 

本来性に関する話題って、恥ずかしいことでもタブーにされるようなもんでもなくて、普通の話題として正しく語られてしかるべき話題なんですよね。

時に真面目に、時にゲスく、性の話題に真っ向から切り込む姿勢に魅かれます。

 

ブログ好きなら知らない人はいないのではないでしょうか?

あんちゃさんがこのブログの先にどんな世界を見ているのか。今後が楽しみです。

てか約1年半でこの成長ぶりってバケモノかよ。。。

常識を軽々と超えて行く破天荒ブログ いばや通信

僕が最も嫉妬した当記事の大本命ブログはこちら。

坂爪圭吾さんのブログ、「いばや通信」。

他人の文章を読んでいてこんなに嫉妬で狂いそうになったことはありません。

 

坂爪さんのブログは、情報や技術の提供、オリジナル番組の提供といった現在主流のブログのセオリーからは外れています。

 

カテゴリーもヘッダーメニューもフッターメニューもないし、Googleが推奨するような情報提供ブログとは一線を画していますが、そこには坂爪圭吾さんの確かな思想かっこよすぎる生きざまとが随所に散りばめられています。

家を失くしてFacebookで今晩泊めてくれる人を募集して転々としたり野宿したり訪れた人が無料で利用できる共有財産「ごちゃまぜの家」を作ったりとロックな話題に事欠かない。

 

僕はとにかく、彼の人を惹きつける文章にマジで気が狂いそうになるぐらい嫉妬しました。

 

面白いことしかしない。

そういう彼の生きざまを見ていると、人生丸ごとが旅なのだということを思い知らされます。

人生は、お金を稼ぐためにあるのでも、働くためにあるのでもありません。

ただ、旅をするために、面白いこと・楽しいこと・気持ちいいこと・嬉しいことに出会うために、僕たちは限られた時間を与えられているんです。

 

本当の豊かさとは何か人間らしく生きるとはどういうことかを深く考えさせてくれます。

まとめ

人を惹きつけるブログを書けるかどうかは、自分自身を晒しものにして笑いものにして、それでもそんな自分を面白がれるかどうかにかかっているように思います。

自分自身を面白がれる人だけが、他人から面白がられるのでしょう。

そして、そういう人の周りでは、想像の範疇を越えた超自然的化学反応が起きつづける。

 

ブログという世界は、きっとまだまだ広がっていきます。

その端くれの一部にでも食い込めたら、と思いながら僕も日々このブログを更新してる次第です。

 

こんだけ無料でみんなノウハウやら公開してくれてるんだから、利用しない手は無い!

発信力こそがこれからの未来です。

REIJI

一緒に頑張っていきましょう!

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す