<VDT症候群>その使い方で大丈夫⁉ PC・スマホの画面の見すぎで起こる危険とその対応策まとめ

   
スポンサーリンク

こんにちは!FtXブロガーのreiji(れいじ)です!

 

先日Google Adcenseの審査に受かったというご報告をしましたが、その記事の裏ではある大変なことが起こっていました。

それは・・・

 

 

 

 

眼が痛い。

(目っつーか目から頭、肩にかけて頭痛の延長線のような痛み。

 

動けねえ・・・・・・。

PC、スマホの長時間の利用はえらいことになる(頭痛的に)ことは分かってたので気を付けてはいたのですが、久しぶりにやってしまいました。

Google Adsense 受かった喜びで浮かれ騒ぎすぎましたね。

 

気付けば12時間以上PCの前に座りっぱなし。辺りはもう真っ暗。

そら目も頭も痛くなるわ。

 

今日はその反省も込めて、PC、スマホを使う人たちが気を付けなければならないことをまとめます。

 

PC、スマホの使い過ぎって結局どうしていけないの?

PC・スマホなどの画面の見すぎによっておこる眼精疲労や、目・肩・首・腰の痛みなどの症状をまとめて、

VDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)といいます。

身体だけではなく、イライラや抑鬱と言った心の症状としても現れることがあります。

 

原因としては、

  • 長時間同じ姿勢を続ける
  • 長時間明るい画面を見続ける

ことがよくない。

 

またディスプレイから発するブルーライトは、自然界の光よりもずっと強い光ですから、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達してしまいます。

そのため、目の疲れや目の痛みを引き起こしたり、ブルーライトが網膜に傷害をあたえることで視力低下を引き起こしたりするといわれているわけですね。

また明るすぎるブルーライトを長時間浴びていると、ホルモンバランスが崩れ不眠の原因になったりもするそうです。

 

気を付けていること

昨日は久々やっちまいましたが、普段の僕は違うんですよ(力説)。

PC・スマホ必須のブログ作業において、僕がいつも気を付けていることがこちら。

 

ブログの記事は内容をある程度アナログ(紙とペン)でまとめてからPCを開く。

PCで行うのはエディット(編集)作業のみ。

これにより画面を見ている時間を大幅に短縮できます。

他サイトを見る時間を最小限にする。

他サイトを見る時は、

  1. 見る時間の長さ
  2. 見るタイミング(寝る前は見ないなど)
  3. 見る目的(情報収集のターゲット)

を決めてから見ることで、長時間のだらだら見を防げます。

ブルーライトカット眼鏡を使用する。

僕が使っているのはJins ScreenDaily use

ブルーライトは25%カット。価格も¥3000+税~と買いやすい。

普段はコンタクト装用なので、コンタクトを付けたうえでこの眼鏡を掛けます。

サングラスみたいに若干色つきでやや視界が暗くはなりますが、スマホやPCの明るい画面を見る上では全く問題はないかと。

さらに、PC、スマホの画面のバックライトも、デフォルトよりは暗めにして使っています。

適度な休憩をはさみ外に出かける時間を作る。

これは、目を休ませる時間を持つという意味合いもありますが、こちらの記事

でも言っているように、良質なインプットがなければ良質なアウトプットは生まれません

だから記事を書くのも大事だけど、意識的に外に出てアウトプットを確保しようね、ということ。

 

 

[蛇足] 執筆作業をアナログメインにした思わぬメリットについて

蛇足ですが、編集以外の執筆作業を主に紙とペンにしたことで、思わぬメリットがふたつありました。

筆記がめっちゃ早くなった。

アナログ作業は基本デジタルに比べて遅いのが基本。

でもやってるうちにアナログ筆記もタイピングと変わんないくらいには早くなります。体験談。

ペンだこも厚くなるけど。

思考体系が身についた。

紙の上で書くことって、実は思考の習慣を身につける上で物凄く重要。

僕の場合、下書きと本書きと修正とを書き込みながら同時に行っているのですが、

ぐっちゃぐちゃ書き込んでいるうちに、訂正や修正はどんどん少なくなっていきました。

これって、訂正せずとも最初から最適な感じに記事を書けるようになってきた、つまり論理的な思考体系が身についてきたということ。

 

まとめ

PC・スマホの画面の見すぎはやっぱり体にも心にもよくない。

目的のないだらだら見は、生産的な時間とはいえません。

 

でも今やこのPC・スマホという便利な道具なくしては、僕たちの生活は成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

だからこそ、デジタル・アナログの両方のメリット・デメリットを理解して上手に使い分けることが大切。

 

紙とペンだって悪くない!!

 

 

<この記事をSNSでみんなとシェアする!!>
B!

reiji(れいじ)

長野県に住む24歳FtXブロガー。
生きづらい日々を生きやすく、つまらない人生を楽しくするためのノウハウを展開中。
映画、漫画、SF小説が大好き。

コメントを残す